10年後も生き残るために
企業がいまインサイドセールスに注目すべき理由とは

生産年齢人口の大幅な減少という社会問題を見据え、今、日本では「優秀な営業マン」の争奪戦が行われています。今後多くの企業にとって、優秀な人材の獲得は、これまで以上に困難を極めると考えられます。

こうした問題に対し、個人の能力に依存するのではなく、組織として売上をあげる仕組みづくりに注力する企業が増えてきています。その中心が、これまでの“営業”の仕事を分業する仕組みである「インサイドセールス」部門の立ち上げです。

なぜこの「インサイドセールス」が注目を浴びているのか、なぜ強い営業組織をつくるために有用なのか。「従来の営業スタイルが抱える4つの思い込み」から紐解きます。

従来の営業スタイルが抱える4つの思い込み

この内1つでも当てはまるものがあれば、ぜひ本eBookをダウンロードいただき、貴社のビジネス向上にお役立てください。

  • 営業は1人で全部を担当するものだ
  • 目の前の案件を追いかけるのが当たり前
  • 営業は結果─プロセスは評価できない
  • 営業は現場で育てるのが一番
 

フォームにご記入ください。

全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.