Salesforce Sales Cloud と Pardot をご検討中の方向けに、以下をわかりやすくご紹介するセミナーです。

・製品コンセプトとデモンストレーション
・お客様導入・活用事例

世界で最も使われている営業支援システム(SFA)のSales Cloudは、AI(人工知能)のEinsteinや、B2Bマーケティングオートメーション(MA)のPardotと組み合わせることで、より多くの案件を生み出し、営業の生産性を向上させることができます。

顧客の動きが大きく変わり、またITの民主化が行われたいま、これら世界最先端のシステムは企業規模の大小に関わらず広く導入・活用されるようになりました。

今回のセミナーでは、製品の詳細に加え、さまざまなお客様の活用事例、AI(人工知能)Einstein の可能性についてデモンストレーションを交えながらわかりやすくご紹介いたします。

<内容>
・セールスフォース・ドットコムとは
・なぜ営業支援システムが必要なのか
・なぜB2Bマーケティングが重要なのか
・お客様導入・活用事例
・Sales Cloudの製品概要・デモンストレーション
・Pardotの製品概要・デモンストレーション
・AI(人工知能)Einstein の活用事例
・Salesforceが提供するその他の製品について
・導入、活用のための様々な支援メニュー

講 師 セールスフォース・ドットコム マーケティング本部
プロダクトマーケティング ディレクター 田崎 純一郎

セールスフォース・ドットコム マーケティング本部
プロダクトマーケティングマネージャー 秋津 望歩
会 場 JP タワー 11 階 セールスフォース・ドットコム セミナールーム
対 象 営業支援システム(SFA)をご検討中の方
B2B企業向けマーケティングオートメーション(MA)をご検討中の方
すでにSalesforceをご契約いただいているお客様は、こちら
定 員 ​50名(※申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)
日 時 ​2018年3月7日(水) 14:00-16:00(13:30から受付開始)

※内容は、予告なく変更されることがあります※
※本セミナーは、株式会社セールスフォース・ドットコムの会社概要、提供するアプリケーションと事例をご紹介する講義形式のセミナーです。製品活用事例やデモンストレーションを通じて、株式会社セールスフォース・ドットコムや提供アプリケーションの全体概要・メリットを理解し、導入の検討を深めることを目的としています。
個別事例に関する詳しい情報や、製品トレーニングをご希望の方は、各製品のセミナー、トレーニングにお申し込みください。

【お問い合わせ】
セールスフォース・ドットコム イベント事務局 
(株式会社エンプティセット内) 
Email:event-salesforce@empty-set.jp  TEL:03-3452-3332 
(平日 10 時 00 分 ~ 12 時 00 分 / 13 時 00 分 ~ 18 時 00 分) 
※株式会社エンプティセット は、セールスフォース・ドットコムが主催するイベントの事務局業務を請け負っております。
  • *
    姓を入力してください
  • *
    名を入力してください
  • *
    会社名を入力してください
  • *
    部署名を入力してください
  • *
    役職を選択してください
  • *
    有効なメールアドレスを入力してください
  • *
    有効な電話番号を入力してください
  • *
    従業員数をお選びください
  • *
    国を選択してください
  • 当社の「個人情報の取扱いについて」をご確認ください。

  • *
      個人情報の取扱いについて に同意お願いします     個人情報の取扱いについて に同意
  •  メール配信に同意お願いします   当社からのメール配信*を希望する
  •     当社からのメール配信を希望する
  •  Please read and agree to Salesforce's privacy statement.   By registering, you confirm that you agree to the storing and processing of your personal data by Salesforce as described in the Privacy Statement.
 
 
 
img_pmark_10822805_02
TRUSTe
*株式会社セールスフォース・ドットコムが主催・共催するイベント情報などに関する情報を、今後メールでお知らせいたします。メール配信開始後に、配信停止を希望する場合は、配信メールに記載する手順方法によってメール配信を停止することが可能です。