**ほぼ全ての企業に当たり前のように存在する
“営業のムダ” 成長企業にこのムダは存在しない!**

営業力強化、そして生産性の向上は超高齢化社会を迎える日本にとって避けては通れない課題です。
職種の中で最もムダが多いと思われている仕事は営業。
業務改善が必要だと思われている仕事は営業。
社内でも沢山のムダを抱えている部門だと思われていませんか?

成長企業がどの様に業務を進めているかを紐解くと、
驚くほどムダのない効率的な活動を実践しています。

当セミナーでは年率30%以上の成長を継続し、
顧客管理、営業支援システムで世界でも日本でもトップシェアを誇るセールスフォース・ドットコムが
いかにムダを無くした営業を行っているか、普段はなかなかお話しないノウハウを生々しくお伝えします。

弊社でもトップクラスに売上げを上げている部門の敏腕マネージャー2名が登壇し、
パネルディスカッションをメインとした双方向型のセミナーとなっています。

皆様も普段から感じている「よくある営業のムダ」
これをいかにしてセールスフォース・ドットコムが撲滅してきたか。
成功体験だけでなく、苦労話と共にお伝えして行きます。

◯この様なお客様、以下のムダが2つ以上存在している企業に非常に有効です!
「ムダ」なく売上を上げたい少数精鋭企業
増えてきた「ムダ」を今のうちに撲滅したい成長企業
そんな課題を感じている営業マネージャーだけでなく、経営者も必見のセミナーです。

1. ムダ1 営業会議 ~数字をつき合わせるだけの報告の場
2. ムダ2 エクセルシート ~作成に手間がかかるわりに効果は疑問
3. ムダ3 叱咤激励 ~問題解決に結びつかない空虚な言葉
4. ムダ4 何かを探す時間 ~「ない」と割り切ったほうが早い場合が多い
5. ムダ5 名刺フォルダ ~すぐに満杯になるが、大部分は不要
6. ムダ6 ハンコ ~営業プロセスを遅らせる元凶
7. ムダ7 意味のない残業 ~旧式の営業スタイルの象徴的存在

会 期 2018 年 3 月 14 日(水) 14:00 - 16:00(受付開始 13:30 ~)
会 場 JP タワー 11 階 セールスフォース・ドットコム セミナールーム
対 象 経営者・営業部門・経営企画の方、セールスフォース・ドットコム提供製品の概要にご興味のある方
参加費 無料(事前登録制)
講 師 株式会社セールスフォース・ドットコム
インサイドセールス本部 コマーシャル事業部
事業部長 鈴木 淳一

コマーシャル営業 第2営業本部 第2営業部
部長 寺本 裕一

マーケティング本部プロダクトマーケティング
マネージャー 秋津 望歩

※内容は、予告なく変更されることがあります※

【お問い合わせ】
セールスフォース・ドットコム イベント事務局 
(株式会社エンプティセット内) 
Email:event-salesforce@empty-set.jp  TEL:03-3452-3332 
(平日 10 時 00 分 ~ 12 時 00 分 / 13 時 00 分 ~ 18 時 00 分) 
※株式会社エンプティセット は、セールスフォース・ドットコムが主催するイベントの事務局業務を請け負っております。
  • *
    姓を入力してください
  • *
    名を入力してください
  • *
    会社名を入力してください
  • *
    部署名を入力してください
  • *
    役職を選択してください
  • *
    有効なメールアドレスを入力してください
  • *
    有効な電話番号を入力してください
  • *
    従業員数をお選びください
  • *
    国を選択してください
  • 当社の「個人情報の取扱いについて」をご確認ください。

  • *
      個人情報の取扱いについて に同意お願いします     個人情報の取扱いについて に同意
  •  メール配信に同意お願いします   当社からのメール配信*を希望する
  •     当社からのメール配信を希望する
  •  Please read and agree to Salesforce's privacy statement.   By registering, you confirm that you agree to the storing and processing of your personal data by Salesforce as described in the Privacy Statement.
 
 
 
img_pmark_10822805_02
TRUSTe
*株式会社セールスフォース・ドットコムが主催・共催するイベント情報などに関する情報を、今後メールでお知らせいたします。メール配信開始後に、配信停止を希望する場合は、配信メールに記載する手順方法によってメール配信を停止することが可能です。