第4次産業革命で変わる製造業の未来

顧客中心の”つながる”モノづくり

日本でも進む第4次産業革命への取り組み
しかし成果が出ているケースはわずか4%

IoTやAIなどの活用が進み、製造業の「モノ売り」から「コト売り」への変革が加速している第4次産業革命時代。欧米では早くからこの取り組みが進んでおり、著名な成功事例も数多く登場しています。もちろん日本でも広がっており、実際にこれに取り組んでいる企業も61%に上っていると言われています。

しかし「成果が出ていると感じている企業」はわずか4%に過ぎません。変革への取り組みは進んでいるものの、なかなか成果が得られない状況にあることがわかります。

成功の前提はバリューチェーン全体を
「顧客視点でつなぐ」こと

なぜこのような状況に陥っているのでしょうか。「コト売り」への変革を成功させるには、ある前提条件が存在するからです。それはバリューチェーン全体を「顧客視点でつなぎ」、それを管理する情報システムを整えること。これ抜きでいくらIoTやAIを活用してビジネスモデルを変更しても、成果を上げることはできないのです。

それでは具体的に、どのように取り組んでいけばいいのでしょうか。これを6つのフェーズで説明しているのが本eBookです。「顧客視点でつなぐ」とはいったいどのようなことなのか、それをいかにして実現するのか、そしてこれによって得られる効果は?ステップバイステップで解説しています。

 

無料ebook ダウンロード

全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.