もし戦国武将がITを活用していたら?

~7つの合戦で名将が必要としたテクノロジーとは~

 

戦略に課題を感じているのは現代の経営者だけではない。

自社の経営戦略を実現するための手段は無限にあるといっても過言ではないでしょう。しかし、多くの経営者は無数にある経営課題の優先順位付けや解決手法に頭を悩ませています。

現代の経営環境においては、体系化された様々な戦術・手法やIT化の恩恵もあり、選択肢が広すぎてしまうというのも悩みの種なのかもしれません。

では、このような課題解決手法は現代ビジネス特有のものなのでしょうか?

当E-bookでは、現代の経営戦略を戦国時代の有名武将が採用した戦略に置き換えて解決策をご紹介します。

「課題解決のためのIT」 
でも、ITがない時代はどうしていたのか?

現代では経営にかかわる様々な課題に対してのソリューションとして、ITサービスが充実しています。また、IT製品だけではなく、それらのプロダクトを活用することによって成しえる多くの戦術・手法が存在しています。

例えば「インサイドセールス」や「リードナーチャリング」といった、昨今のB2Bセールス&マーケティングにおいては常識となりつつある手法も、ITなくしては実現することが困難です。

他にも、正確で即時性のある情報の収集・分析・活用・共有や、ターゲット顧客のインサイトや行動パターンを推測するにも人間の勘や経験だけでは限界があることでしょう。

では、昔々の戦国時代において、多くの功績をあげていた戦国武将は情報共有やリードナーチャリングなどの戦術を採用していなかったのでしょうか?

彼らはその時代にあった最善のやり方で、複雑な戦術を駆使しながら戦国時代を生き延びていたようです。
―――――――――――――
① クラウドサービス
② ITでデータ収取・分析
③ 情報のリアルタイム共有
④ インサイドセールス導入
⑤ リードナーチャリング
⑥ カスタマーコミュニティ
⑦ ナレッジ共有
―――――――――――――
これらの現代的な手法を、戦国時代の合戦を勝利に導いた有名武将の行動になぞらえて解説します。

1. はじめに
2. ITの無い時代だから仕方がない?8万人の敵陣を単騎駆けて窮地脱出【 ①河越夜戦】
3. データ収集と分析に長けた元就は、現代なら天下を取ったかも?【②厳島の戦い】
4. 敵の首より情報収集を重視した桶狭間に見る信長の先見性【 ③桶狭間の戦い】
5. 風林火山の壊滅を招いた部門連携の欠如【 ④長篠の戦い】
6. 三日天下の原因は、見込み客の放置にあった?!【⑤本能寺の変・山崎の戦い】
7. カスタマーコミュニティの構築で、三成も天下人の器になれた?【⑥関ヶ原の戦い】
8. 表裏比興の者のナレッジを共有し歴史に名を刻んだ六文銭【 ⑦上田合戦】
9. まとめ
 
ご記入頂き eBookをご覧ください
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.