売り手企業にとって
当たり前の基盤になりつつある営業支援システム

インターネットの利用が当たり前になったことで、多くの市場が「売り手市場」から「買い手市場」へと変化しました。売り手が圧倒的に多くの情報を持っていた「情報の非対称性」が解消され、顧客はインターネットで入手した多くの情報をもとに、より戦略的に商品選定を行うようになったのです。このような変化に対応するには、売り手側も「情報武装」しなければなりません。そのために必要となる基盤が、営業支援システム(SFA)です。

SFAを導入して営業力を強化したいと考える企業は、日本国内でも急速な勢いで増大しています。2016年の時点で約29%が「導入済み」と回答しており、その数はその後も増え続けているのです。もはやSFAは「導入すべきか否か」ではなく、「何をどのように導入するのか」を議論すべき存在になっているといえるでしょう。

基礎知識を知っておくことが導入成功の近道

もちろん「これからSFAを導入する」企業にとって、そのハードルが大きく見えてしまうのは当然のことです。そのために導入を躊躇してしまうケースも少なくないようです。しかし事前に基礎知識を身につけておけば、成功への道筋もはっきりと見えてくるはずです。

その基礎知識を知りたいという方は、ぜひ本eBookをダウンロードしていただき、今後の導入計画にお役立てください。そもそもなぜSFAが必要なのかから、販売プロセスの見直し、SFAで実現すべき3大機能、定着化のための体制とステップに至るまで、この分野の専門家二人が解説しています。

 
全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.