新入社員は、平成生まれ世代が大半という時代になってきた。 

「ゆとり世代」とも呼ばれる彼らに対して、「社会常識が通じない」「企業文化に合わせてくれない」と頭を悩ませる管理職やチームリーダーの声が聞こえてくるようになってきた。 
彼らの世代が共通して持つ常識は、どこが違っているのだろうか? 

グローバル化が進むいま、同僚やパートナー企業の担当者、顧客が外国人であることは珍しくなくない。 
異なる文化を持つ外国人は、日本人には理解できない行動を取ることもあるが、それでも私たちは外国人の文化や常識を尊重し、相互理解に努めようとする。 
平成生まれへの対応にも、同じことが言えるだろう。 

近い将来、平成生まれが組織を引っ張っていく時代がやってくる。 
彼らの世代が、大切な顧客であることも、また事実だ。 
平成生まれと上手に付き合い、貴重なインサイトを引き出し、大切な戦力として育て上げるには、どのようなマネジメントが理想なのか?

平成生まれの「6つの型」、
それぞれに最適な接し方とは?

平成生まれの新人をよく観察してみると、以下の「6つの型」があることに気がつきます。
  1. 1.「詳細指示待ち」型
  2. 2.「トライしない」型
  3. 3.「理想が中の中」型
  4. 4.「みんな一緒」型
  5. 5.「ぼくだけ」型
  6. 6.「ミレニアルと認識」型
このeBookでは、それぞれの6つ類型について、典型的な行動例をもとに、上司としての接し方について考えていくとともに、平成生まれを戦力化するための仕組みを考えていきます。 

ぜひ、ダウンロードのうえ、詳細をご覧ください。
 
全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.