「働き方改革」という言葉を目にしない日はないほど、日本での働き方改革をめぐる動きは活発化しています。日本の生産年齢人口は1995年をピークに減少が続いており、東京オリンピックが開催される2020年にはピーク時と比較して20%減少するという試算が出ています。まさに日本の企業にとって、働き方改革は一過性の話題ではなく、取り組むべき命題となっています。

そのような市況の中、ITの利活用は具体的な取り組み内容として、一つ大きな選択肢といえるのではないでしょうか。

今回、顧客へクラウドでサービスを提供するSaaSモデルのビジネスで急成長している注目企業2社である、株式会社マネーフォワード様と株式会社ユーザベース様との共催セミナーを開催いたします。

マネーフォワード様は個人向け家計簿アプリ「マネーフォワード」、法人向け会計ソフト「MFクラウド」を展開して、昨年マザーズに上場されています。ユーザベース様は企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」と個人向けサービスであるニュースプラットフォーム「NewsPicks」を運営し、2016年にマザーズに上場しています。

SaaSビジネスや最新のクラウドビジネスの動向に興味がある方、案件毎のフロー型ビジネスから自社サービスによるストック型ビジネスの変換などを想定している企業様など、幅広いお客様に興味をお持ち頂ける内容になっております。

急成長企業の経営層のメンバーだからこそ話せる、急成長の裏側でどんなことが起きていたのか、事業転換を求められるシチュエーションなど、実際の苦労話も聞ける貴重な機会となりますので、是非、ご参加ください。

日時 2018年 12月 11日(火)14:00~16:30 (受付13時40分より)
会場 ユーザベース様セミナールームNewsPicks Roppongi
東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 3F

<アクセス>​
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線六本木駅より徒歩3分
東京メトロ千代田線乃木坂駅より徒歩4分
対象 ・最新のクラウドビジネスの動向に興味がある方
・​新規事業立ち上げを想定されている方
・会社経営、事業運営に携われている方
・営業部門、営業企画、経理部門、経営企画部門のマネジメント層
内容 ・登壇者 各社紹介
・パネルディスカッション 質疑応答
・ネットワーキング

2004年慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券株式会社へ入社し、野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究に従事。その後、留学派遣制度によりスタンフォード大学経営大学院(カリフォルニア)へ留学し、2011年にはMBAを取得。帰国後、2011年より野村ホールディングスCEOオフィスに所属。
2012年10月に株式会社マネーフォワード設立に参画し、取締役兼Fintech研究所長として経営全般を担当。また、経済産業省「産業・金融・IT融合に関する研究会」、金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」などに参加。FINOVATORS Founder 。
2018年6月電子決済等代行事業者協会 代表理事就任


アビームコンサルティングに入社し、テクノロジーインテグレーション事業部にて、プロジェクト責任者として全社システム戦略の立案、構築、金融機関の大規模データベースの設計、構築等に従事。豊富なシステム技術の知識、経験を基に株式会社ユーザベースを設立。2017年よりユーザベースの代表取締役に就任。SPEEDA日本事業CEOも兼務。

ソフトバンクBB株式会社を経て、2004年にセールスフォース・ドットコムに入社。インサイドセールス、首都圏地域の直販営業を経て、2011年から3年間は九州、沖縄を中心とした成長市場の立ち上げを担当。2014年2月から首都圏営業部門のマネジメントを経て、2016年2月からインサイドセールス本部長として内勤営業部門を統括。2018年2月より現職にて、首都圏第1営業本部の統括を行う。

株式会社インテリジェンス(現パーソルグループ)にて、コールセンター部門の立ち上げとSVを担当。その後、法人営業担当を経て、2009年にセールスフォース・ドットコムに入社。お客様を成功を支援するために、営業担当として延べ数百社のSalesforce導入を経験。現在、インサイドセールス部門にてマネジメントを行う。会社の成長を促進する両輪である、見込み案件の創出と若手人材の育成に取り組む。2016年2月より現職。

<お問い合わせ先>
株式会社セールスフォース・ドットコム
セールス ディベロップメント部門 セミナー事務局
E-mail:seminar-info@salesforce.com
 
 
 
img_pmark_10822805_02
TRUSTe
*株式会社セールスフォース・ドットコムが主催・共催するイベント情報などに関する情報を、今後メールでお知らせいたします。メール配信開始後に、配信停止を希望する場合は、配信メールに記載する手順方法によってメール配信を停止することが可能です。