Salesforce Platformにおけるアプリ開発の
ベストプラクティス

〜第2回 Salesforce DXを使ったモダンな開発・運用体験〜

皆さんは、Salesforce Platformでアプリを開発・リリースした経験はありますか?Salesforce Platformには多くのテクノロジーやリリース手法が用意されており、新規パートナーは開発の全体像を掴むのに苦労することが少なくありません。本ウェビナーでは、実際の事例も交えながら、Salesforce Platformにおけるアプリ開発のベストプラクティスをご紹介します。

このウェビナーシリーズは、全3回のセッションから構成されます。シリーズ全てにご参加いただくことで、アプリ開発の全体像からSalesforce DXを用いた具体的な開発・リリース手法、そして外部システムとの連携パターンまで、幅広い領域をカバーすることができます。それぞれのセッションは以下のような内容を予定しております。

第1回:アプリのリリース方式と開発ライフサイクル
第2回:Salesforce DXを使ったモダンな開発・運用体験
第3回:Salesforce Platformと外部システムの連携パターン

第2回目となる今回は、AppExchangeパートナー様の実際の事例をもとに、どのように Salesforce DXを使って、アプリを開発し、CI/CDを実現しているのかをご紹介いたします。

【こんな人におすすめ】
・Salesforce Platform上でのアプリ開発に興味のある開発者の方
・これからAppExchangeアプリを開発する新規パートナーの開発者の方
・最新のアプリ開発事例にご興味がある既存パートナーの開発者の方

 

日時 2021年2月25日(木) 15:00-16:00
参加方法 オンライン開催(Zoomを使用)
インターネットに接続できるPCがあればどこからでも参加可能です
※ お申込いただいた方へ前日に視聴URLをお送りいたします
参加費 無料(事前登録制)
登壇者


第2回スピーカー
株式会社セールスフォース・ドットコム
プラットフォームスペシャリスト
小島 賢二

※ 内容は、予告なく変更されることがあります

【お問い合わせ】
株式会社セールスフォース・ドットコム
テクニカルエバンジェリスト
湯田大貴
Email : hyuda@salesforce.com
 

※ 本イベントの受付は終了いたしました