すべての起業家は、自社のターゲットとする市場が無限に広がっているように感じているかもしれません。しかしながら、現実はそれほど甘くありません。国内において、新規に設立される法人は年間約13万と言われていて、そのすべてが順調に業績を伸ばせていないことからも、それは明らかです。では、スタートアップ企業が成長し、大きく育つために、何が必要になってくるのでしょう。成功したスタートアップ企業の共通点には、どのようなものがあるのでしょう。
顧客をどうとらえ、何を伝えていくか

企業の成長には、いくつかの壁があると言われています。よく例に出るのが、年間売上高1億円の壁と3億円の壁です。それを乗り越え、10億円に達すれば、十分に成長できたと判断されることが一般的なようです。そこで、スタートアップ企業の当面の目標を、「年商10億円企業になること」と定めます。

このeBookでは、起業家が企業を成長させ、10億円企業を目指すにあたっての心構えについて、リアルな提言を行います。がむしゃらに働き、組織を成長軌道に乗せる必要があります。それと並行して、さまざまな面でビジネスの土台を整えながら、組織を強くしていかなければなりません。

その核になるのが、顧客対応力です。ビジネスは、顧客が居なければ成り立ちません。新しいソリューションを世に問うのなら、顧客の声は製品開発やサービス開発の方向性を大きく左右し、より多くの顧客をつかむヒントになるでしょう。このebookは、そのヒントを得たいと考えている読者に向けて作成しました。企業が創業時から顧客対応力を高めるために、整えておかなければならないことは何なのか。その答えがここにあります。

 
全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.