サポートコスト24%削減、顧客満足度30%向上*を実現する次世代コンタクトセンター

AI・Slack 活用で業務生産性を向上

お客様が求めるチャネルの多様化、在宅化による業務の非効率化、お客様の声の複雑化。現在コンタクトセンターはこうした課題に、柔軟な対応が求められています。本セミナーでは「Salesforce Service Cloud」を活用し、AI 機能や、Slack などの技術を駆使した顧客対応により、サポート業務効率化と顧客満足度向上を両立させる手法を解説します。
 

本ウェビナーで紹介している「カスタマーサポート業務を効率化する技術」

  • AI 機械学習による自動解答で、問い合わせを効率的に処理
  • 各種問い合わせチャネルを結びつけ、応答内容音声のテキスト化によって対応を効率化
  • オペレーターがスムーズに専門家と協働でき、問い合わせに迅速かつ的確に反応できるコラボレーションツール
  • 問い合わせ完了報告は、AI 活用で定型業務を自動化
  • 蓄積されたデータから業務行動を可視化し分析
  • 平均対応時間、アンケート回答率など、その場で詳細を把握し、迅速に業務改善
* 出典:「Customer Success Metricsのグローバルハイライト2022年度」、Salesforce、2021年7月。全世界4,781社が回答。回答数は質問によって異なる。
 

フォームにご記入頂き、ウェビナーを
ご覧ください。

全項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
This is a required field