Skip to Content
フッターにスキップ

ふくおかフィナンシャルグループ、データとAI活用による営業改革とオフラインとオンラインを融合する情報共有基盤としてSalesforceを採用

グループ全体でのデジタル変革により、
生産性および顧客満足度の向上を目指す

株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、Salesforce)は本日、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(本社:福岡県福岡市、取締役社長 五島 久、以下ふくおかフィナンシャルグループ)がグループ全体での全方位型のデジタル変革のためにSalesforceを採用したと発表しました。複数のSalesforce製品を活用することで、ふくおかフィナンシャルグループは、グループ横断で共通の情報共有基盤の構築が可能となり、データを活用した営業の変革とオンラインとオフラインを融合させた顧客体験の提供を実現していきます。

ふくおかフィナンシャルグループでは地域経済の縮小、産業構造の変化、人生100年時代、気候変動への対応を社会課題として捉え、既存のビジネスモデルの変革、新事業への挑戦などに取り組んでいます。これら取り組みを支えるためには、グループ横断で活用できる新たなデジタル基盤が求められるようになりました。

同グループをITで支えるグループ企業のFFGコンピューターサービス株式会社によるシステム開発の内製化にも取り組む中、将来の事業拡大を見据えた柔軟性、未来に渡るAI活用への即応性、SaaSソリューションとしての機能の拡張性を求めて、同グループは、Salesforce Financial Services CloudCRM AnalyticsEvent MonitoringSalesforce SandboxCustomer CommunitySalesforce Customer SuccessMuleSoftTableauを採用し、今後Salesforce Data CloudSalesforce Connectの導入を検討しています。

ふくおかフィナンシャルグループはこれらSalesforce製品群を活用し、グループ内の銀行の各支店、銀行全体、将来的にはグループ全体で顧客情報を共有することで、顧客の求める新しい価値を提供するサービス開発を目指します。

Salesforce導入による取り組みの詳細は、以下の通りです。

  • グループ全体での全方位型のデジタル変革
    市況の移ろいを前提とした変化に強く、新たなクラウドサービスソリューションや決済システムとも容易に接続できるデジタル基盤を構築します。グループ全体でのデジタル変革によるグループ会社間の連携を実現し、地域共創基盤を整備することで顧客を中心とした全方位型のサービス提供を目指します。
  • 営業改革の実現
    経営者のニーズの充足、財務部門を起点としたコンサルティングサービス提供による差別化された営業を実現します。行内外の情報を集約しシステムから次行動・提案の営業示唆を行うEinstein Next Best Action*を実装します。また、顧客セグメント別に営業リソースを最適化し、中小企業などの顧客へのインサイドセールスの実施、法人ポータルと法人マーケティング、および顧客管理システムを連携により顧客体験の高度化します。
    *Einsteinプラットフォーム内のファミリー製品の一部。ポイント&クリック操作とプログラム機能を使用して、Salesforceにあるオブジェクトに関する予測を行うアプリケーションを作成可能。
  • デジタルチャネルと店舗を組み合わせた施策
    個人向けバンキングアプリを刷新して、顧客の利便性向上と行員の業務効率化に取り組みます。効率化により生まれるワークフォースによりデータ分析やデジタルマーケティングを強化し、顧客理解の深化と顧客接点の高度化に取り組み、顧客ごとにパーソナライズされた最適なサービスを提供していきます。

ふくおかフィナンシャルグループでは、SalesforceとEinstein Next Best Action(予測AI)の導入と活用により、生産性、顧客満足度の向上を目指します。同グループでは将来的な生成AIの活用も見据えており、Salesforceでは引き続き同グループのデジタル変革を支援してまいります。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ 取締役社長の五島久氏は次のように述べています。
「2007年4月の設立以降、当グループは『シングルプラットフォーム・マルチブランド』を確立し、高度かつ多様な金融サービスを効率的に提供し、地域のお客さまのニーズに応えてまいりました。この度のSalesforce導入は『DX』や『サステナビリティ』など新しいビジネス領域へのチャレンジや人財育成をさらに加速させるものと確信しています。当グループはデジタルの力を活用して、私たちの働き方を変え、お客さまの暮らしや事業を良い方向に変える、そして「真に豊かな地域社会」を実現することを目指して、今後もより一層努めてまいります」

Salesforceの代表取締役会長 兼 社長の小出伸一は次のように述べています。
「この度、ふくおかフィナンシャルグループ様がSalesforceの利便性や拡張性をご評価いただき当社製品を導入頂いたことを大変嬉しく思います。当社では幅広いSalesforceテクノロジーを統合した単一のCRMプラットフォームであるCustomer 360をお客様にご提案しています。また、Salesforceの金融機関向けCRM製品は、金融機関が各国の個人情報保護法を遵守できるように設計されており、最高水準のデータ保護を維持することで信頼を獲得し続けてております。福岡および九州地域のお客様のエンゲージメントと体験の向上を目指すふくおかフィナンシャルグループ様の取り組みをSalesforceは今後も継続的に支援してまいります」

2007年に設立されたふくおかフィナンシャルグループは、福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行、福岡中央銀行の4つの地方銀行、スマホ専業のみんなの銀行のほか、証券会社やカード会社も有する国内最大規模の地域金融グループです。九州を中心に国内に453店舗、16の出張所を展開し、「『あなたのいちばんに。』の実現へ」をグループのビジョンとして第7次中期経営計画の基本戦略におけるグループの企業価値の向上と地域経済発展への貢献の実現を目指しています。

Salesforceについて

Salesforceは#1 AI CRMです。CRM(顧客関係管理)+ AI + データ + 信頼を Einstein 1という一つの統合プラットフォームで実現することで、全く新しい方法で顧客とつながることを可能にします。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

本プレスリリースやその他のプレスリリース、または公式に言及されている未提供のサービスや機能は現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。お客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。

Astro

Get the latest Salesforce News