メールマーケティングでEコマースを支援

 

Eコマースの売上を伸ばしたいけれども、次回のキャンペーンでどこにマーケティング予算を投資すべきか迷っているあなたに、ヒントを差し上げましょう。64%の企業は、メールマーケティングがもっとも効果的なマーケティングチャネルだと考えています(英語)。ソーシャルメディア、ダイレクトメッセージ、モバイルアプリマーケティングなど数々の新しいマーケティングチャネルが登場していますが、メールマーケティングは今も非常に効果の高いソリューションであり続けています。さらに、メールマーケティングは比較的低コストで実施可能なため、驚異的な投資利益率を得られます。メールマーケティングは投資額1ドルに対して平均で38ドルの利益を得られます。つまりROIは3800%です(英語)。

メールマーケティングは、長きにわたり非常に効果的な手法であり続けてきました。現在の傾向を踏まえるなら、テクノロジーの進歩にともなって今後ますます効果的な手法となっていくでしょう。メール開封率、エンゲージメント、売上、配信数、メールによるトラフィックなどのすべてが増加傾向にあります。

 
小売体験において買い手が評価する点、しない点とは?レポートが明らかにします。

メールマーケティングはEコマースにさまざまなメリットをもたらす

Eコマースメールマーケティングは、かつて静的で画一的なアプローチを行っていましたが、今では、自動化され、パーソナライズされた動的な体験へと変化しています。とはいえ、すべてのEコマースメールマーケティング戦略で優れた成果を得られるとは限りません。Eコマースメールマーケティングのベストプラクティスをしっかりと学んでおかなければ、どれほど力を入れて作成したマーケティングメールでも、スパムに分類され、ゴミ箱行きになりかねません。そうならないために、以下のEコマース向けメールマーケティングのヒントをご覧ください。

  1. パーソナライズする
    取引メールを利用すれば、ユーザーの購入履歴にもとづいてターゲットを絞ったメールマーケティングが可能です。Experian社のレポートによれば、取引メールは他のメールに比べて開封率とクリック利率が8倍に上り、6倍の収益を生み出します(英語)。しかし現実には、大半のマーケターがリードや顧客にマーケティングを行う際に、パーソナライズされた取引データを活用していません。42%のマーケターはメールキャンペーンでセグメント化を行っておらず、33%のメールマーケターはメールの最適化を行っていません(英語)。取引データを用いてメッセージをパーソナライズして、より良い成果を達成しましょう。

  2. 効果的な件名を付ける
    自動生成されるメールであろうと、独自のキャンペーンメールであろうと、メールの件名には必ず工夫を凝らしてください。Digital Marketer社の調査によれば、件名は、メールキャンペーンの成果を左右する最大の要素です(英語)。受信者が件名を眺めて、開封するかどうかを決めるために費やす時間は平均で4秒です。したがって件名は明快で、顧客に価値を提供するものでなければなりません。「特別セール」や「割引」などの営業用語は避けてください。件名は、短くてわかりやすい表現を用い、デバイスやメーラーの種類を問わず、見切れないよう注意します。居住地などの顧客情報を使ってパーソナライズしましょう。その上で、メールの内容にウソがないようにしてください。 

  3. 自動化する
    Eコマースメールマーケティングソフトウェアでは、自分でメールを作成し、手動で配信するよりも自動化プログラムを活用するほうがより効果的です。これは、スマートメール自動化プログラムを導入した場合に特に当てはまります。こうしたプログラムで適切なプログラミングを行えば、パーソナライズされた関連性の高いメッセージを自動で作成し、特定のイベントをきっかけに自動送信できます。たとえば、特定の商品を閲覧した顧客に対して、その商品に関連するセールやプロモーションメールを自動で送ることができます。同様に、Eコマースメールマーケティング自動化機能を使えば、カートに商品を放棄しているユーザーに注意を促すメールや、新規のユーザー/メール購読者への歓迎メール、サービス完了時の確認メールなどを自動で送信できます。

  4. アップセルとクロスセル
    一度購入に踏み切った顧客は、次回は購入に対してより積極的になります。アップセルやクロスセルは、一度目の購入を行った顧客にさらに大きな購入を促す優れた手法です。自動化システムを使えば、顧客が購入する商品に関連性の高い商品を推奨するメールを自動で送信できます。

  5. 既存顧客にアプローチする
    Eコマースのコンバージョン率はそれほど高くはなく、新規顧客については平均で1~3%です。しかし、リピート顧客の場合はまったく異なり、コンバージョン率は平均でおよそ60~70%に上ります(英語)。リピート顧客には大きな潜在利益があります。したがって、新しい商品情報などをたえずリピート顧客に告知するのは理にかなっています。自動化メールを使って、購入履歴や閲覧履歴などの情報にもとづき、関連性の高い情報を既存顧客に提供しましょう。そうすれば、購入履歴のある顧客をほとんど労力をかけることなく自社サイトに引き戻すことができます。

Eコマースメールマーケティングソリューションの選び方

優れたメールマーケティング戦略を導入すれば大幅な収益増を期待できますが、必要な機能が備わっていることを確認せずにメールマーケティングシステムを導入するのは賢明ではありません。効果的なEコマースメールマーケティングキャンペーンを展開できるかどうかは、最終的には、適切なEコマースメールマーケティングソフトウェアを選択できるかどうかにかかっています。自動メールシステムに求める最重要な機能は以下のとおりです。

  • モバイルファーストな設計
    最近、モバイルデバイスでデジタルメディアにアクセスする人の割合がデスクトップを上回りました(英語)。すなわち、平均的なユーザーは現在、スマートフォンやタブレットなどのモバイルスマートデバイスでインターネットにアクセスすることを好んでいるということです。にもかかわらず、多くのソフトウェアベンダーはいまだに自社製品をモバイル向けに最適化できていません。導入を検討しているEコマースメールマーケティングソリューションが、あらゆるモバイルやデスクトッププラットフォームに十分に対応していることを確認しましょう。クラウドベースのソリューションならこれが可能です。またすべてのユーザープラットフォームで情報を共有できます。

  • 連携が容易
    また、クラウドベースのツールなら、営業、カスタマーサービス、マーケティングなどすべての部門のあらゆるレベルで承認されたユーザーが連携可能です。さまざまなプラットフォームや既存のシステムと容易に連携できるため、担当者同士の連携が促進され、顧客にシームレスな体験を提供できます。さらに、組織内の他の顧客対応業務と連携することで、より包括的な顧客像を備えた顧客プロファイルを構築します。こうしたデータにもとづき、顧客に関連性の高いメッセージを送信することが可能になります。

  • ドラッグ&ドロップ式ツール
    どれほど多くのメールを送信しても、メールの内容自体が優れていなければマーケティングの効果は期待できません。簡単に言うと、メールマーケティングには適した表現方法と不適切な表現方法があるということです。テンプレートやドラッグ&ドロップ式のコンテンツブロックが備わっていれば、それを使って顧客に明確なメッセージを送信できます。

  • 追跡とレポート
    メールマーケティングには絶え間ない修正と適応が求められます。リアルタイムの追跡機能とレポート機能が備わっていれば、常にキャンペーンの効果を確認し、必要に応じて軌道修正が可能です。高度なレポート機能には、データを把握しやすいビジュアル中心の表現が求められます。また、インタラクション機能やカスタマイズ機能が備わっていることも重要です。

  • 使いやすさと適応力
    メールを自動化するのは、作業の負担を軽減するためですが、あまりに複雑なメールマーケティングソリューションはかえって負担を増やします。組み込みのチュートリアルやマルチチャネルの顧客サポート機能を備えた使いやすいツールを選びましょう。習得の難しいツールを導入すると、従業員の導入率がふるわない結果に終わります。

優れたEコマースメールマーケティングシステムは、機能が少なく能力の限られたシステムよりも高価な場合がほとんどです。自社に適したツールかどうかを知るには、特定の機能に関する顧客のレビューをじっくり検討しましょう。さらに無料トライアルなどを利用すれば、費用をかけずにツールの効果を検証できます。

 

Salesforceのメールマーケティングシステムをご検討ください

SalesforceのCRM Eコマースメールマーケティングソリューションはオールラウンドで優れた能力を発揮します。吟味されたメールテンプレート、使いやすい管理機能、マルチチャネルでのカスタマーサービス、事前定義済みのイベントトリガー、予測コンテンツ、高度な追跡とレポート機能などのすべてがクラウドベースで提供され、信頼性の高いメールキャンペーンを実現します。Salesforceメールマーケティングソリューションならは、予測型分析とPersonalization Builderを使って、関連性の高いメールをリードに自動で送信できます。また、Salesforceのシステムは高い柔軟性を持ち、組織の成長にともなって変化するニーズに合わせた適応が可能です。

Eコマースの売上を伸ばすのは必ずしも困難なことではありません。適切なメールマーケティングと自動化ソリューションを導入すれば、関心が高く、購入の意思がある顧客に容易にリーチできます。それこそが、Eコマースの一番の魅力なのです。

ご不明な点はお問い合わせください。

Salesforce 製品、価格、実装方法、その他何でも、ご不明な点があればお尋ねください。高度な訓練を受けた弊社の担当者がいつでもお待ちしております。

までお電話ください