顧客にリーチできる適切なメールマーケティングツールの選び方

 
仮に1ドルの投資に対して38ドルの利益を得られるマーケティングチャネルが見つかったとしたら、あなたはどうしますか。この問いに想像で答える必要はありません。なぜなら、あなたはすでにそのチャネルを使っているはずだからです。メールマーケティングのROIは平均で3,800%(英語)に上り、利益率の高さでは他のマーケティングチャネルを圧倒しています。ただし、だからといってすべての企業が効果的なメールマーケティングを展開できているわけではありません。3,800%というのは、あくまでメールキャンペーンの平均ROIであり、それを上回っている企業もあれば下回っている企業もあります。すなわち、メールマーケティングの分野では激しい競争が行われているのです。
 
トップブランドはなぜSalesforceを信頼し、メールでビジネスの成功を加速させているのでしょうか。あらゆるソースのデータを使ってカスタマージャーニーをより幅広く管理する方法もご紹介します。

ツールでやれること

これほど競争の激しい市場で優位に立つには、メールマーケティングツールの導入が必要です。さらにその優位性を維持するには、メールマーケティングツールで何がやれるのか、優れたツールがどの領域で大きな効果を発揮するのかを詳しく知っておく必要があります。

  • 追跡
    メールを送りっぱなしにしているだけでは、キャンペーンの効果を具体的に確かめることはできません。メール追跡ツールを使えば、メールが開封されたかどうかがわかります。これにより、自社のマーケティングメールがどの程度読まれたか、感触をつかむことができます。もちろん、優れたツールを使えばさらに多くのデータを得られます。

  • 文章作成
    メールツールには、さまざまな文章作成支援機能が搭載されています。高度なツールの場合は、受信者にパーソナライズされた関連性の高いメッセージや回答を自動で作成してくれます。

  • テスト
    メールマーケティングの大きな利点は、さまざまな属性を持つ人々やオーディエンスに対して選択的にアプローチできる点です。ただし、汎用的に使える代わりに、キャンペーンの成果を確実に保証してくれるベストプラクティスは存在しません。したがって、メールキャンペーンがスパム判定されることなく高い効果を発揮できるよう、組み込みのテストツールを使ってテストしておく必要があります。

  • デザイン
    最新のメールテクノロジーを使えば、テキストだけでなくさまざまなビジュアルを簡単に埋め込むことが可能であり、効果的なメールキャンペーンには画像や図、動画などが用いられています。デザイン機能の充実したメールマーケティングツールを使うことで、読者の注意を引く魅力的なメールを簡単に作成できます。

メールマーケティングは、少額の投資で高い利益を得られるため、中堅・中小企業にとってはとりわけ魅力的な手法です。また、中堅・中小企業でも顧客の好みに合わせた柔軟なパーソナライズを加えることが可能になります。プラットフォーム上で完全な裁量権を得られることも、中堅・中小企業にとっては魅力的です。ソーシャルメディアマーケティングなどの他のチャネルではそうはいきません。Facebook、Twitter、YouTubeなど、いずれのプラットフォームを利用しても、その制約の範囲内で動かなければなりません。

 
 

メールのデザインと送信に役立つ、Trailheadのモジュールとベストプラクティスをご覧ください。

 

優れたメールマーケティングツールの機能

メールマーケティングツールを使って効果的なキャンペーンを行うには、ツールによって自社ビジネスにもたらすメリットが異なることを理解する必要があります。メールマーケティングツールによって得られる利点には以下のようなものがあります。

  • コンテンツツール
    顧客の注意を引けるかどうかは、関心の高いコンテンツを提供できるかどうかで決まります。実際、50%の企業は、メールをパーソナライズすることでメール内のインタラクションを増加できると感じています(英語)。しかし、メールをパーソナライズするためには多大な時間と労力がかかり、ましてや数千件かそれ以上の購読者がいる場合はなおさらです。ドラッグ&ドロップ式のコンテンツ作成機能が搭載されていれば、システム内のクライアントごとにコンテンツをパーソナライズする労力が大幅に軽減します。

  • イベントトリガー
    メールは、内容が重要なのは当然ですが、配信のタイミングも同じくらい重要です。イベントトリガーはメールマーケティング自動化ツールの1つで、高度なイベントトリガーを使えば、顧客に関連の高いメールを最適なタイミングで自動送信できます。顧客がメルマガの購読を新たに申し込んだ際や、買い物をしたとき、オンラインショッピングで注文に至らずカート放棄された場合など、さまざまなイベントの発生に合わせて適切なメールを自動で作成し、配信できます。

  • 組み込みの分析機能
    メールマーケティング分析ツールの機能は追跡やテストだけではありません。メールツールを既存のCRMシステムと連携すれば、顧客データを収集・分析して実践的なインサイトを導き出すことができ、より的を絞ったキャンペーンや情報にもとづいた意思決定が可能になります。

  • ライブコンテンツ
    メールはいったん送信してしまえば、制御できないのが普通です。しかし、一部のメールマーケティングツールでは、顧客が受信済みのメールのコンテンツを動的に変更することが可能です。すなわち、時機を逸したメールによる悪影響を防ぐことができるわけです。

  • カスタマイズ機能と拡張性
    結局のところ、優れたメールマーケティングツールは、変化していくビジネスニーズに常に対応できるものです。自社の形態にかかわらず、また自社が将来どのような方向へ向かおうとも、それに応じて設定、カスタマイズ、適応し、メールマーケティングキャンペーンを成功に導くことのできるものが優れたメールマーケティングツールだと言えるでしょう。

 
Marketing Cloudユーザーのメール戦略が成功する理由を探ります。

スパムの終焉

76%のマーケターが、メールの購読者数が大きく増加していると答え、ROIの77%が、セグメント化してターゲットを絞り込み、トリガーを用いたメールキャンペーンによってもたらされていると回答しています(英語)。誤ったやり方に陥らないかぎり、メールマーケティングが投資に値するものであることに疑いはありません。豊富に出回っている高度なメールマーケティングキャンペーンツールを駆使すれば、幅広いオーディエンスにリーチすることも、ターゲットを絞り込むことも可能です。それによりコンバージョン率を上げ、顧客の反応を高めて、全体で優れた成果を上げることができます。結局のところ、パーソナライズされた関連性の高いメールコンテンツをタイミングよく配信すれば、あなたが顧客をサポートする用意があることが伝わります。マーケティングの世界において、それ以外のすべてはスパムでしかありません。

ご不明な点はお問い合わせください。

Salesforce 製品、価格、実装方法、その他何でも、ご不明な点があればお尋ねください。高度な訓練を受けた弊社の担当者がいつでもお待ちしております。

までお電話ください