メール購読者に再アプローチする方法

 

かつて郵便のダイレクトメールが電子メールによって駆逐されたように、ここしばらくのあいだ、多くのマーケターはメールマーケティングが徐々に死滅しつつあるのではないかという恐れを抱いていました。また、ソーシャルメディアの台頭でメールの使われ方も変化しました。しかし、メールマーケティングは、企業の製品やサービスを購入したいと考えているメール購読者にアプローチする手段としては、今でも極めて有効です。

メールマーケティングにおいて多くの企業が直面している課題は、バウンス率や購読解除率の低下など共通しており、これらに対しては、さいわい多くのソリューションが提示されています。購読者が企業からのメッセージに魅力を感じ、楽しみに読んでもらうにはどうすればいいのでしょうか。そのための実践的なデータと解決策を以下でご紹介します。

 
トップブランドはなぜSalesforceを信頼し、メールでビジネスの成功を加速させているのでしょうか。あらゆるソースのデータを使ってカスタマージャーニーをより幅広く管理する方法もご紹介します。

購読者リストは買わずに自社で構築する

新人からベテランメールマーケターまで多くの人が犯す大きな間違いが業者からメールアドレスリストを購入することです。特定の業界向けや興味分野向けのさまざまなリストが売られているため、買いたい誘惑に勝つのは簡単ではありません。しかし、顧客データの購入は避けるべきです。その理由は、受信者からスパム報告される、キャンペーンのコンバージョン率が低い、見知らぬ購読者に突然の売り込みをしなければならないなど、いくつもあります。顧客は、なじみのある企業からの購入やコミュニケーションを好みます。聞いたこともない企業から突然の売り込みのメールを受信した人は、その企業に対してネガティブな印象を抱きます。

だからこそ、メール購読者ベースは自社で一から構築していくのが理想であり、買うべきではありません。購読者リストをなるべく簡単に構築する方法は以下の通りです。

  • ポップアップボックス:サイトがWordPressで構築されている場合は、SumoMeなどの無料のプラグインツールを使って、ユーザーが初めて自社サイトにアクセスした際にポップアップボックスを表示させましょう。ポップアップボックスが表示されると煩わしいものですが、意外にも 多くのユーザーが(英語)ポップアップに促されてメールを購読登録しています。
  • ヘッダー&フッターのバー: Hello Bar(英語)などのサービスを用いて、サイトページの最上部か最下部に文字の流れるバーを設置しましょう。バーはポップアップほど煩わしいものではありませんが、鮮やかな色でユーザーの注意を引くことができます。
  • ランディングページやセールスページ:無料のWebセミナーやホワイトペーパーなどの魅力的なコンテンツを提供する強力なCTAでメール購読者を増やしましょう。無料コンテンツを入手するにはメールの購読が必須であることを明記してください。

以上のテクニックやここには記載されていないテクニック複数を同時に用いて、ユーザーが自社サイトのどこにアクセスしてもメールの購読手続きを行えるようにしましょう。

 
 

メールのデザインと送信に役立つ、Trailheadのモジュールとベストプラクティスをご覧ください。

 

ハードバウンス率を下げる

他にも多くのメールマーケターが困っている共通の問題にハードバウンス率の高さがあります。ハードバウンスとは、メールが顧客にメールが届かない状態を言います。ハードバウンス率、すなわち全購読者中に締める半永久的に配信不可能なメールの数はできるだけ0%に近づけるべきです。

Comm100社によれば、バウンス率を下げるもっとも効果的な手法は、無効なメールアドレスや購読解除を望むユーザーのアドレスを定期的にリストから削除することです。メール配信業者からは、これらに該当するメールアドレスを記載したレポートが送られてきます。こうしたアドレスを月に1回リストから削除する作業を行いましょう。

 
Marketing Cloudユーザーのメール戦略が成功する理由を探ります。

スパム扱いを避ける方法

自社メールが購読者からスパムとして報告された場合に冷静でいるのは難しいものです。けれども、こうした通知を頻繁に受けている場合は、根本的な解決を図るために、メールマーケティング戦略を見直すべき時です。

購読者がメールをスパムとして報告する主な理由は以下の通りです。

  • 送られてくるメールの数が多すぎる。 クリックスルー率も低下しているなら、送信メール数を減らしてみるべきです。メールが毎日送られてくれば負担に感じる読者も多いのです。1週間に1~3回またはそれ以下に減らしてみましょう。
  • 価値の低いメールが届く。コンバージョン率の高いメールには、読者がWebサイトへアクセスしたいという気持ちを抱かせる明快なCTAが備わっています。単に会社の概要を記したり、魅力的な見返りなしで商品を売り込むメールは、ただでさえマーケティングメールに圧倒されている購読者にとっては煩わしいものです。
  • 購読解除が難しい。 購読解除の手続きをできるだけシンプルで簡単なものにしてください。 Return Path社(英語)の調査によれば、購読解除の手続きが複雑なメールは、スパムとして報告される確率が上がります。

コンテンツを最適化して購読解除者を減らす

スパム報告数と購読解除数の多さには相関関係があります。自社メールの購読解除率が0.4%を超えている場合は、コンテンツを改善するための対策を練るべきです。

メールの最適化

明確な行動喚起力のあるメッセージを送るだけでなく、購読者の興味に沿った関連性の高いコンテンツを記載し、メールをモバイルに合わせて最適化してください。最近の調査によれば、 55%(英語) のメールはモバイルデバイスで開封されており、 69%(英語) のモバイルユーザーはモバイルで読みやすいように調整されていないメールを削除します。

多くの大手メール配信業者は複数のデバイス向けのメール自動最適化に取り組んでいますが、画像やレイアウトがモバイルやタブレットで見やすく表示されるかどうかは自分でプレビューとテストを行いましょう。

複数の要素をテストする

購読解除率を下げるためには、あらゆる要素をテストして、影響力の大きい要素を特定するのがおすすめです。レイアウト、提案、グラフィック、件名、見出し、送信頻度など、メールキャンペーンのあらゆる要素を1回に1つずつA/Bテストすることで、購読者がどのようなコンテンツを望み、どの点を改善すれば購読解除率の低下につながるかを特定できます。

不安になるほど購読解除率が低くなる前に手を打ってください。さまざまな要素についてテストは絶え間なく続けなければなりません。定期的にA/Bテストを実施して、何がエンゲージメントを高めるのかを特定しましょう。

購読者に受信方法の選択肢を提供する

MarketingProfs社(英語) では、メールコンテンツの種類や受信頻度などを購読者が自分で選択できるオプションの導入を推奨しています。メールの受信者が、たとえば週1回受信など自分で配信頻度を決定でき、自分に関心のある商品やサービスや情報に関するメールだけを購読できるような機能が提供されている場合、購読解除率は低下します。

こうした機能を導入すれば、平均購読解除率を0%に近づけていくことも可能です。

再アプローチのベストプラクティス

メールキャンペーンを最適化し、バウンス率の低下やスパム報告の回避や購読解除率の低下を図りたい場合、もっとも有効な手段は読者をコンテンツで魅了し、掲載内容に興味を持ってもらうことです。いつも未開封のまま削除するユーザーや、未読のユーザー、コンバージョンしないユーザーに再度アプローチするキャンペーンを実施しましょう。

再エンゲージメントキャンペーンでは、購読者に再度メールの購読を促します。特別割引や価値のあるコンテンツを提供するのも有効な手段ですが、オーディエンスに本当の意味での再エンゲージメントを促す唯一の手段は行動喚起の働きかけです。

非アクティブな購読者に的を絞りましょう。メールキャンペーンレポートを参照し、非アクティブな読者をピックアップして働きかけを行います。たとえば、メールを開封してもCTAをクリックしていない読者や、3か月や半年など一定期間メールを開封していない読者などが該当します。レポートを吟味したのち、オーディエンスを適切にセグメント化してターゲットを絞り込んでパーソナライズされたメールを各グループに送付します。再度購読を促すとともに、どのようなコンテンツを求めているのかを尋ねてください。このキャンペーンの狙いは、自社のコンテンツに興味のある読者には確実にメールを届け、興味のない購読者には配信を解除してもらうことにあります。

再講読キャンペーンを実施することで指標を改善できるとともに、自社に最適なオーディエンスに絞ってメールを配信できるようになります。 ブランディングとデザインを専門とするImpact社(英語)では、再エンゲージメントキャンペーンには「戻ってきていただければうれしいです」などの親しさに訴える行動喚起を用いることを推奨しています。こうしたアプローチは、読者にロイヤルティを呼び起こし、スムーズな再エンゲージメントにつながります。

メールマーケティングキャンペーンにこれで終わりということはなく、その最適化は骨の折れる作業だということは、メールマーケターならだれもが知っています。しかし、以上のような具体的な手順に従えば、ネガティブな数値を低減できるだけでなく、あなたが送信するメールを熱心に購読してくれる充実した購読者ベースを構築できます。本当に価値のある体験を提供すれば、顧客があなたからの提案や情報を待ち望むような状況を作り出すことができるでしょう。

「メール購読者に再アプローチする方法」を自社サイトで共有しましょう。

 <a href="https://www.salesforce.com/products/marketing-cloud/best-practices/how-to-reengage-your-email-subscribers" target="_blank"><img src="https://www.salesforce.com/content/dam/web/en_us/www/images/marketing-cloud/hub/how-to-re-engage-your-email-subscribers/how-to-re-engage-your-email-subscribers-embed.jpg" alt="How to Re-engage Your Email Subscribers"></a> 

ご不明な点はお問い合わせください。

Salesforce 製品、価格、実装方法、その他何でも、ご不明な点があればお尋ねください。高度な訓練を受けた弊社の担当者がいつでもお待ちしております。

までお電話ください