Salesforce Net Zero Cloudのご紹介

Net Zero-as-a-Serviceでカーボーンニュートラルを迅速に実現

 

Customer 360ソリューションで、カーボンニュートラル達成に向けた具体的な対策を進めましょう

 
 

経営戦略とオペレーションにサステナビリティを取り入れる

自社のあらゆる活動にデータドリブンなインサイトを取り入れることで、脱炭素化とサステナビリティを積極的に推進する姿勢を、顧客、従業員、投資家にアピールしましょう。エネルギー使用パターンの明確なスナップショットを第三者機関に提示したり、最新の分析機能で、温室効果ガス排出量やエネルギー消費量を追跡することができます。
 
 

経営層向けのダッシュボードデータが意思決定者を強力にサポート

業界とエコシステム全体に影響を広げる柔軟なビジネスインサイトを獲得しましょう。 エネルギーの消費パターンや温室効果ガスの排出傾向を理解し、豊富なデータの可視化とダッシュボードで環境への影響を評価することができます。組織のカーボンフットプリントが明確になると、意思決定者はそれをもとにサステナビリティ戦略を推進可能になります。

 

 
 

SalesforceがNet Zero Cloudを開発した理由

地球を救うには今すぐ気候変動への対策が必要です。そのために、Salesforceは野心的な気候リーダーシップソリューションに取り組んでおり、その影響は各方面に広がっています。迅速な行動を促すことが私たちの使命です。皆さまがこの取り組みに参加されることを願っています。”

Salesforceサステナビリティ担当VP、Patrick Flynn
 
 

ネットゼロクラウドを信頼している企業

 
 

"サステナビリティのもっとも重要な側面はデータです。ネットゼロクラウドを選んだのは、自分たちが持っているデータをさらに深く理解し、解釈できるようにするためです。"

TELUS社サステナビリティおよび環境部門取締役Geoff Pegg氏

“成長が早く、しかも持続可能なビジネスを築くということは、環境への影響を意識的に管理するということです。私たちは、持続可能なビジネスのリーダーであるSalesforceと連携することを誇りに思います。”

Xero社最高カスタマー責任者Rachael Powell氏

気候変動を防止し、持続可能な事業運営を行うためには

 
 

ソリューション

87%の消費者が企業には「製品、サービス、オペレーションにわたって、これまでよりも真剣に気候変動対策を講ずる責任がある」と考えています。
*出典 BCG
 
 

サプライチェーンの脱炭素化

サプライチェーンリーダーの84%は、今後18か月以内に気候変動の適応策と緩和策に投資することを計画しています。
*出典『Sustainability Trends Shaping Supply Chains in 2021』
 

ネットゼロへの取り組みを加速しませんか?