Salesforce DX は、ライフサイクル全体で Salesforce アプリケーションを管理および開発するためのまったく新しい方法。新たなレベルの生産性、コラボレーション、コントロールを実現します。

 
 
 

Salesforce DX は Heroku Flow とのシームレスな統合を実現。GitHub レポジトリからの自動デプロイメントに加え、開発、ステージング、本番環境へのデプロイメントを最適化するアプリケーションパイプライン、そして緊密に統合されたテストスイートに対応し、継続的なインテグレーションをサポートします。 また、開発者は Salesforce DX を利用して、サードパーティのテストおよびビルド自動化ツールにプラグインすることもできます。

開発者は継続的な統合と配信を実現するため、サードパーティのテストおよびビルド自動化ツールにプラグインすることが可能。 Salesforce DX は Heroku Flow との統合も実現。GitHub レポジトリからの自動デプロイメントに加え、開発、ステージング、本番環境へのデプロイメントを最適化するアプリケーションパイプライン、そして新しいテストスイートに対応し、継続的なインテグレーションをサポートします

 
 
Salesforce DX はオープン仕様のスタンダードな開発環境で、Git、Selenium、Eclipse、Sublime など、お気に入りのツールを使用した開発が可能です。 Salesforce DX には最新の Eclipse 統合開発環境(IDE)が含まれており、開発者に提供されるツールセットの価値を大きく高めています。

Salesforce DX では新しいタイプの Salesforce 環境である scratch org が導入されています。これは、Salesforce コードとメタデータのソース主導で、使い捨て可能なデプロイメントです。 scratch org は完全に構成可能で、開発者は異なるエディションをさまざまな機能とプリファレンスでエミュレートできるため、開発プロセスにおける開発者の生産性とコラボレーションの促進に重要な役割を果たします。 また、自動化されたテストや包括的な継続統合スイートの実装の一部として使用することもできます。

 
 

Salesforce プラットフォーム全体で、Salesforce の新しいコマンドラインインターフェース(CLI)を活用してください。 Salesforce DX では、開発およびテスト用環境の作成、ソースコードの同期、テストスイートの作成と実行、アプリケーションライフサイクル全体のコントロールを CLI から簡単に実行できます。

Salesforce DX では、Salesforce アプリケーションのパッケージングを一から再構築。従来のチェンジセットという概念からの脱却を実現しました。 ISV パートナーとエンタープライズのお客様は、複数のアーティファクトを構築して、Salesforce プラットフォームで構築されたカスタムソフトウェアのパッケージング、デプロイメント、メンテナンスを合理的に行えるようになりました。

Salesforceで業務を改革する12人のリーダーにビジネスの課題について、どのように業務アプリケーションで寄与しているのか、調査をしました。IT部門の価値をさらに高める「ヒント」が満載です。