データにもとづくショッピングの予測と年末商戦に関するインサイト

データにもとづくショッピングの予測と年末商戦に関するインサイト

10億人を超える買い物客が2022年の年末商戦においてどこでどのように商品を購入するかを調査しています。Salesforceが提供するインサイトを活用して、収益拡大へとつなげましょう。
 
 
 
 
 

年末商戦の売上

過去2年間でデジタルチャネルの利用が急増しましたが、今後も多くの消費者がデジタルチャネルを利用します。11月と12月のオンラインでの売上は全世界で1.12兆ドル、米国で2,650億ドルに達すると予測されます。大きな数字ですが、2021年との比較では増えているわけではありません。全世界の売上は2%の低下ですが、米国では3%増加の見込みです。オンラインでの売上は、パンデミック前の2019年のレベルから3年間で全世界では55%、米国では61%の増加となるでしょう。予測の全体像をご覧いただき、2022年の年末商戦でデジタルチャネルを最適に活用する方法を探ってください。
 
 

売上の成長

2022年は、困難な経済状況が消費者に打撃を与えています。全世界でのオンラインの商品価格は、2021年比で7%、2020年比で15%上昇します。価格の上昇に伴い、消費者の注文数は2021年の年末商戦と比較して7%(米国では5%)減少すると予測されています。パーソナライズされたショッピングジャーニーを通して、適切なタイミングに適切な価格の適切なメッセージを送ることにより、ウォレットシェアを拡大できます。
 
 

収益性

仕入れのコスト、人件費、輸送費が上昇し、利益を圧迫しているため、2022年の11月と12月の年末商戦では、ブランドや小売業者にとって収益性確保が最大の課題となるでしょう。Salesforceの調査によると、上昇するコストが現実的に消費者に転嫁できるペースをはるかに超えており、小売業者の利益の10%(約14兆ドル)が脅かされています。このような状況において、圧迫される利益への対策として企業が自動化の仕組みを導入するため、カスタマーサービスにおけるボットの活用が22%増加すると予測しています。
 
 

タイミング

長期的なインフレ圧力により、消費者は価格に敏感になっています。Salesforceの調査によると、年末商戦の買い物客の42%が、価格が上がらないうちに早めに買い物を行うと答えています。年末商戦の売上の29%が11月(サイバーウィークが始まる前の3週間)に生じると予測しています。これは2021年比で5%の上昇です。そのため、買い物客がいつどこで購入しても、満足のいく買い物をしていただける準備を行うことがかつてなく重要となっています。
 
 

注目を集めるサステナビリティ

消費者の60%が、2022年の年末商戦において、サステナビリティに配慮した商品や配送オプションを選ぶと答えており、サステナビリティを重視する傾向がはっきりと見て取れます。ただし、実際にその期待に応えているブランドや小売業者は23%にすぎません。買い物客が環境にやさしい商品を選べることが、すべての小売業者にとって欠かせない成功戦略となります。

サイバーウィークのレポートをお届けします。

今年のサイバーウィークでの実際の売上の数字や買い物のトレンドはどのようなものだったか、発表をお待ちください。
インサイトの装飾的な区切りマーク

さまざまなショッピングトレンドを把握しましょう

 
 
世界のショッピングトレンドを掴み
収益アップを目指しましょう。
 
今年の年末商戦の傾向を踏まえた
戦略と打ち手を解説
 
売上、カゴ落ち率、有効なタッチポイントや
デバイスなど、全世界のECトレンドがわかるダッシュボード
 

その他のリソース

 
ガイド

小売業界のための 2022年 年末商戦ガイド

インフレ、供給不足、人手不足を打破し、収益を確保するためのインサイトと戦略
記事

第4版 コネクテッドショッパー最新動向:消費者エンゲージメントの新たな動向

世界の消費者1,600人、小売業リーダー1,000人以上を対象にした調査で明かされた小売業界の未来
調査

第2版 Eコマース最新事情

全世界4,000人以上のECリーダー、10億人以上の消費者や企業の購買データによる調査レポート