急成長ベンチャー企業4社が語る!好業績の秘訣は「営業を科学すること」

2014年12月4日 Salesforce World Tour Tokyo
パネルディスカッションレポート
急成長ベンチャー企業4社が語る!
好業績の秘訣は「営業を科学すること」

2014年12月4日に開催された「Salesforce World Tour Tokyo」で好評を博したパネルディスカッションを再録。
Salesforce活用で急成長を続ける新進気鋭の4社の経営者が、活用の秘訣を本音で語り合った!

NEW パネルディスカッションレポート好評につき 第2弾 パネラー4社の「活用事例カタログ」を追加しました!
NEW パネルディスカッションレポート好評につき 第2弾 パネラー4社の「活用事例カタログ」を追加しました!
急成長ベンチャー企業4社が語る!好業績の秘訣は「営業を科学すること」

2014年12月4日 Salesforce World Tour Tokyo
パネルディスカッションレポート
急成長ベンチャー企業4社が語る!
好業績の秘訣は「営業を科学すること」

急成長ベンチャー企業4社が語る!好業績の秘訣は「営業を科学すること」

2014年12月4日に開催された「Salesforce World Tour Tokyo」で好評を博したパネルディスカッションを再録。
Salesforce活用で急成長を続ける新進気鋭の4社の経営者が、活用の秘訣を本音で語り合った!

New!パネルディスカッションレポート好評につき  第2弾 パネラー4社の「活用事例カタログ」を追加しました!

New!第2弾 事例集カタログを追加!

ベンチャー企業がSalesforceで
手にした大きな成果とは?
業績が格段にアップした4社の成功事例集

パネルディスカッションでは、いかにSalesforceを活用して業績アップにつなげたか、経営者視点で数々のエッセンスが語られた。では、実際の導入現場ではどうだったのだろうか? 本カタログでは、パネラー4社の活用法をさらに掘り下げるべく、各社の導入担当者や現場社員にも取材を行った。そして、どのようにSalesforceを導入し、社内に定着させてきたか、それぞれの立場から見た話を聞いた。導入の時期も活用法も4社4様な各社の導入成功事例を、徹底的紹介する。

事例集パンフレット

第1弾 講演レポート

訪問件数、受注率などすべてを数値で見える化
4社の経営者が本音で語った
結果を生む営業組織再編の勘所とは?

属人的な傾向が強いと思われがちな営業の仕事。しかし実は、営業プロセスの大半は、“科学する”ことができる!? 結果の数値化や情報の共有など「科学的視点」を導入することで、営業はどのように変わるのか? さらに、科学しきれないプロセスの処理や、経営者・マネージャーの心構えなど、営業を再編して結果を出すために必要な取り組みとは? ほかでは聞けない、実際に導入して成果を出している企業だからこそ語れる真相を大激論。受注率倍増、契約継続率2.5倍、生産性20%アップ、訪問件数倍増などの驚きの数字はどのようにして生まれたのか?

パネルディスカッションの会場風景

目に見える数値だけでなく社内を一変させた
各社各様のSalesforceのユニークな活用法

パネラー

Kaizen Platform, lnc. 須藤 憲司氏(CEO)

生産性20%アップを後押しした
“改善”の意識とSalesforceの独自活用法

今後の成長を見越して、企業創設と同時にSalesforceを導入。リモートオフィス環境や全国各地に散らばる協力会社に加え、法人登記は米国が先という文字通りグローバルな企業を目指す同社にとってSalesforceは最適解だった。生産性20%アップという成果の背景にあったのは、社名にもなっている“改善”に対する全社員共通の意識と企業文化だった。

須藤氏

パネラー

マネーフォワード 辻 庸介氏(代表取締役社長CEO)

訪問件数が2倍、事務処理時間は1/2
顧客情報の一元化で“カオス”が消えた

クラウド上の会計ソフトで急成長を続けるマネーフォワード。それまで顧客情報をExcelで管理していたが、規模拡大で収拾がつかない状態に陥っていたという。Salesforceを「営業の教科書」と位置づけてノウハウを最大限に吸収し、訪問件数倍増、事務処理時間半減という大幅な生産性向上を実現した。

辻氏

パネラー

ビズリーチ 多田 洋祐氏(執行役員)

受注率2倍、契約継続率2.5倍
サポート部門や人事部門への横展開も推進

訪問件数、受注率などSalesforce上ではじき出した営業成績をランキング形式で毎週発表するというユニークな活用法で驚異的な効果をあげるビズリーチ。しかし一方で、Salesforceをうまく活用できていない時期も長かったという。サポート部門や人事部門でも導入を進めるという現在の状況に至るまで経緯と活用のコツとは?

多田氏

パネラー

リバネス 吉田 丈治氏(専務取締役CIO)

情報の一元化で効率が飛躍的に向上
独自の強みを生かしたクロスセルも視野に

社員の大半が理系の研究者出身で、科学をビジネスに結びつけるユニークなビジネスモデルを展開するリバネス。従来スプレッドシートで管理していた顧客情報をSalesforceに一元化し、マネージャーの数値管理が容易に。さらには、それまで個別に動いていた営業案件が全員に“見える”ようになり、別視点からの営業も可能になってきた。

吉田氏