アルバイト採用に掛かるプロセスを3週間から1週間に短縮

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、株式会社ジェイアール東海高島屋(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:鐘 政良、以下:ジェイアール東海高島屋)が、クラウドプラットフォーム「Force.com」を導入、短期アルバイトの人材管理の全プロセスをクラウド化、アルバイト採用に掛かるプロセスを3週間から1週間に短縮したことを発表しました。

ジェイアール東海高島屋では、2010年3月より包括的なシステム構築プロジェクトに着手、セキュリティや拡張性に優れ、導入および運用コスト面でも安価で、かつ事前に定義した要件をすべて満たしたクラウドプラットフォーム「Force.com」の採用を決定、新システムは、2010年11月より稼働を開始しました。

「Force.com」で構築した新システムでは、郵送で行っていた個人情報や勤務経験、勤務希望日などの登録をPC および携帯用にオンライン化、これにより郵送コストをゼロにしました。勤怠データ、給与実績なども管理することで、配属の判断を迅速化し、採用までの期間を1週間に短縮しました。また、登録オンラインフォームは、カスタムインターフェースを直観的に作成できるForce.comの「Visualforce」でPC用を開発、携帯用をGoogle App Engineで開発し、「Force.com」を中心に2つのクラウドサービスを連携させています。

今後は、新システムで実現した仕組みを軸に、一部業務を派遣社員からアルバイトに置き換え、年間1500万円の人件費削減を目指します。

ジェイアール東海高島屋の人事部 人事グループ マネージャー 日高 圭 氏は、次のように述べています。「当社では、優秀な人材の固定化と人件費の削減のため、派遣社員から、直接個人と契約するアルバイト採用に人材戦略をシフトしてきました。今回のForce.comの導入により、定期的に働いていただくアルバイト登録者のパイを広げながら働きやすい環境を整えるとともに、売場ごとの柔軟な人材配置、素早い補充などが可能になりました。今後、この情報基盤を、正社員の管理や採用管理システムに広げることを視野に入れています」

セールスフォース・ドットコムのサービスは、2011年1月31日現在、あらゆる規模、業種、地域で世界約92,300社に利用されており、ジェイアール東海高島屋は、その顧客の1社です。売上およびユーザ数はサービスの提供開始に伴って業績に反映されます。

ジェイアール東海高島屋について
ジェイアール東海高島屋は、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)と株式会社高島屋の合弁で設立され、名古屋駅の上に位置するJRセントラルタワーズの中核施設であるジェイアール名古屋タカシマヤを運営しています。ジェイアール名古屋タカシマヤは、中部圏の新しいランドマークとして、「都市であったり、森であったり。」をストアコンセプトにして2000年3月にオープンした21世紀型の新しい百貨店です。各フロアの中央に「出会い」「安らぎ」「集い」をキーワードにした「ローズパティオ」と呼ばれる無料休憩スペースを設置、訪れたお客さまが心地よい時間を過ごせるように演出しています。そのほか、百貨店の枠を超えたさまざまな催し物の開催や各種サービスの充実にも力を入れています。