セールスフォース・ドットコムの被災地支援への取り組みについて
 
 

この度発生した「平成28年熊本地震」により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
セールスフォース・ドットコムは、被災者の救済と復興に向け、クラウド事業者としての支援、そして Salesforce.org の社会貢献 1-1-1 モデルによる非営利団体を通じた支援を行います。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 
 
未だ予断を許さない状況のなか、安否や被害状況把握のために「管理データベース」を必要とする地方自治体や企業が多く存在しています。
セールスフォース・ドットコムでは、今回の震災復興を目的に、Sales Cloud Enterprise Edition1,000ライセンスを 90 日間無償提供致します。ライセンスには Sales Cloud Enterprise Edition 1,000 ライセンスに加え、Chatter Free ライセンスが 5,000 ユーザ分含まれます。
対象
支援を必要としている方々
提供内容
Sales Cloud Enterprise Edition 1,000 ライセンスを 90 日間 無償提供
管理可能な業務
お問合せ管理、避難所管理、家屋被害調査、義捐金管理、その他様々な情報共有データベース
メリット
・インターネットさえつながれば、いつでもどこでも使用可能
・リアルタイムに様々なデータが集計
・管理項目の追加削除が簡単
・高信頼データセンター
・モバイル対応
 
 

「Kizunaイベントマネージャ」 on AppExchange
『絆』は、2011年 東日本大震災発生時に多くのボランティアの力を借りて緊急救援活動を行ったNPO職員の生の声をもとにつくられたイベント管理アプリです。イベント管理に関してwebサイトを介した参加者の募集や登録、当日のチェックイン等のプロセスを効率的に行うことができます。

災害の現場は非常に混乱をしています。ボランティア募集は非常にアナログな方法でやっていますが、今回の『絆』アプリにより、その業務が効率的に・効果的になると期待しています”

— ぐんまYMCA 総主事/常務理事 村上祐介 氏
 
 
東日本大震災の際、各地の自治体や企業で、安否確認システムやボランティア管理システムとして、Salesforce90日間無料提供サービスをご利用いただきました。ご利用いただいた皆様からは「緊急時にこそクラウドです」という声を数多くいただきました。
下記より、いくつかの事例をご紹介致します。
 
ソフトバンクテレコム
救援物資マネジメントシステム
 
仙台市
安否確認システム
 
千葉
安否確認システム
 
つくば
ボランティア運営管理 / 茨城および福島の 野菜販売プロジェクトとしてChatter 利用
 
船橋市
緊急時の職員情報共有としてChatter利用
 
Rescue 311
被災者向けメール医療相談システム