地方自治体の業務は今、大きな変革期を迎えています。スマートフォンなどのモバイルデバイスの普及により、地方自治体と住民の接点も拡大。“つながるカタチ”そのものが急速に変化することで、一方的な情報提供ではなく、住民一人ひとりのニーズやライフイベントに基づいた、きめ細やかな行政サービスが求められているからです。

Salesforceは、クラウドサービスで培った技術・ノウハウを生かし、地方自治体と住民との接点を強化するためのソリューションを多数提供しています。そのベースになるプラットフォームが、地方自治体向けに最適化された「地方自治体向け住民接点強化ソリューション(Salesforce Government Solutions)」です。

最大の特徴は、スマートフォン向けアプリ開発を重視し、地方自治体の職員自身が必要な住民向けのアプリケーションを容易かつスピーディに作成・改変することができ、コストも抑制できることです。詳細については、PDFをダウンロードください。