eBook

『経営者アンケート』で見えてきた

年商2億を10億に変えるヒント
 

「マーケティング」「マネジメント」の抜本的改革がなければ、年商10億円には届かない!?

起業して、年商2億円になった頃から、「壁」があると一般的に言われています。 いったいなぜ、多くの起業がこの壁に突き当たり悩んでいるのでしょうか。

この課題を明らかにするために、売上2億~10億円規模の企業の「経営者および営業部門の役員」500人を対象にアンケートを実施 。「マネジメント」と「マーケティング」の観点でいくつかの設問を作成し、2億円未満の企業と2億円以上の企業で、どのような違いが見られるかを抽出しました。

結果、前者と後者では、「マネジメント」「マーケティング」それぞれの項目で、大きな違いが見て取ることができました。

この違いにこそ、「10億円企業になるためのゴールデンルール」が存在していると考えられます。

「10億円企業になるためのゴールデンルール」

< 目次 >

● はじめに

● 売上が高い企業ほど、経営者は「マネジメントに専念している」現場から離れたくても離れられない、経営者のジレンマ

● 売上の高い企業ほど意識的に情報共有を図っている

● 新規顧客割合は少ないが、重要性は強く認識

● 営業活動に対するフェアな評価システム確立が急がれる

● 顧客リストの活用は多くの企業にとっての課題

● 新規見込み客フォローアップ体制の確立は喫緊の課題

● まとめ

本eBookでは、2億円の壁を突破して10億円規模に近づいた企業と、踊り場に差し掛かっている企業との違いをデータから明らかにしています。 自社に足りない要素を見極め、さらなる成長のための改革へと舵を切りましょう!

 

フォームにご記入頂き、eBook を ご覧ください。

全て項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職をお選びください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
以下のすべての開示に同意する。
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
This is a required field