Salesforce IoTと当社独自のカスタマーファーストアプローチで、カスタマーエクスペリエンスのあらゆる側面を強化しましょう。 顧客が使用している貴社の全IoTデバイスをSalesforceアプリに接続することで、顧客行動からリアルタイムでインサイトを取得できるようになります。
 

 ビジネス、社員、顧客にとって有益な IoT データがどれだけあっても、個々のデバイスからただ吸い上げるだけでは成功は保証されません。 Salesforce IoT なら、デバイスと顧客データの連携によって得られるメリットを、最大限に活用することができます。

 

 

 

CRMに保存されている顧客のコンテキストデータとコネクテッドデバイスのストリーミングデータからデバイスのプロファイルを作成することで、製品の利用動向を把握でき、よりよいサービスの提供が可能になります。

  • ストリーミングデータ
    IoT対応の各デバイスから送られてくるデータは、デバイスの使われ方に関するコンテキストを加味することでより有意義なものになります。
  • コンテキストデータ
    顧客についてすでにわかっていることとIoTデバイスからのデータを組み合わせることで、現状を完全に把握できます。
RESTful APIを使用して、モバイルアプリケーションからAmazon Web Services(AWS)で管理された複雑なデバイスネットワークに至るあらゆるソースからデータをインポートします。 これにより、デバイスのアクティビティ、パフォーマンス、位置、ユーザー操作などを簡単に取得できます。
 
データをすばやく統合して利用可能な状態にする、使いやすいツールが用意されています。 フィルタリング、マージ、追加のほか、データ形式の変換ができます。 変換可能なデータ形式は JSON、CSV、TSV です。

Amazon Web Services(AWS)、Cisco Systems など主要な IoT イノベーション企業とパートナーシップを結んでいるため、データ統合にまつわる面倒な問題を回避できます。

 
 
デバイスのオーケストレーションルールは、コンピュータサイエンスを学んだ人でなくてもすぐに作成・管理できます。 顧客の知識やリアルタイムイベントに基づいて有意義なアクションを開始するよう、あらゆるイベントと状態のロジックを視覚的に組むことができます。
 
顧客とデバイスのやりとりをリアルタイムで確認しましょう。トラフィックビューは、顧客の操作に関連するIoTデバイスの状態を表示するビジュアルダッシュボードです。ここからオーケストレーションの状態を監視できます。
 
 
IoTデータをSalesforceアプリケーションに直接出力して、より多くのビジネス価値を引き出しましょう。 複数のアプリケーションにまたがるアクションをトリガしたり、自社製品で利用できるようカスタム出力を設定したりできます。
Salesforce の各種製品、価格、実装方法、その他ご不明な点は、お問い合わぜください。豊富な知識と経験を持つ弊社の担当者が、お待ちしております。
お電話での問い合わせ: 0120-733-257