若手でもチームリーダー
として案件を推進する経験を
積むことができました

SCSK株式会社
ビジネスソリューション事業部門
AMO第二事業本部
フロントサービス部 エンジニア
皆川 彩
 
 
 


インタビュー対象資格


 

認定 Service Cloudコンサルタント
認定 Field Service Lightningコンサルタント

 

 
 



その他保持資格



 

認定アドミニストレーター
認定上級アドミニストレーター
認定 Sales Cloudコンサルタント
認定 Community Cloudコンサルタント

 

今どのようなお仕事をされていらっしゃいますか?

私が所属するプロジェクトでは、Salesforce導入時のIT統制活動支援を実施しております。具体的には、お客様の情報システム部にある開発標準ルールをもとに、Salesforceにあった統制ルールの作成を行います。また、統制ルールをベースに要件定義支援・案件導入・保守運用を実施しております。

そのプロジェクトで私は、IT統制ルールの作成支援、案件導入、Salesforce組織の保守移管支援を担当しております。保守移管支援では、ユーザー部で導入されたSalesforce組織を情報システム部の統制ルールに準拠させる為に、ギャップの洗い出しとその対応、ユーザ部から情報システム部への保守移管の支援を行っています。

お客様先に常駐しているため、担当しているチームに関係なくSalesforceについて質問されることがあり、日々Salesforceの学習は欠かせません。

仕事で挫折、苦しい時期を乗り越えた経験を教えていただけますか?

 

初めてチームリーダーとして案件を推進した際、リーダーとして必要となる指針を持っておらず苦しい時期がありました。案件をどう進めるべきか、リーダーがどうあるべきか、お客様との折衝はどうあるべきか、全てにおいて自信がありませんでした。失敗したくないという気持ちが強く、正しいかどうか分からない一歩を踏み出すことはとても勇気がいりました。しかし、社内で展開されている学習ツールmyTrailheadの開発リーダー向け単元を参考することで、上司に確認が必要なものと自分で判断するものを切り分け、一つ一つ問題を解決し、なんとか案件をリリース段階まで終えることができました。

 

毎日何度も相談をしても、嫌な顔をせず最後まで付き合ってくれた上司や、最後まで一緒に尽力してくれたメンバーにはとても感謝しています。このチームリーダーの経験から一つ指針を立てることができたので、今後も経験を積み、どんな案件でも柔軟に対応できるリーダーになれるよう努めていきたいと思っています。

なぜ資格を取得しようと思いましたか?

お客様先に常駐していると「Salesforceのそれぞれの製品で何ができるのか」「要件をどうやって実現するのがベストなのか」「実装方法ごとのメリットデメリットをまとめてほしい」等、Salesforceについて質問される機会が多くあります。そのような質問にも対応できるように、体系的に知識を習得することが必要と考え、資格を取得しようと思いました。また、私はまだ経験が浅いため、Salesforce技術者としてお客様に少しでも信頼いただけるように資格取得に励んでいます。さらに社内でもSalesforceの研修が開催されたり、希望すれば自分で選んだ研修を受講させてもらえたりとSalesforceの勉強環境が整っているのも、資格試験をチャンレンジしてみようと思える理由の一つでした。

資格取得にかかる時間はどれくらいでしたか?

資格によって多少違いますが、試験日の1ヶ月前から勉強を始めるようにしています。毎日朝30分と直前の土日は5時間ほど勉強するので、1つの資格を取得するために約24時間勉強しています。

どのように資格の勉強時間を確保しましたか?

平日の夜は疲れていたり予定が入っていたりすることが多いため、朝に勉強しています。試験日の1ヶ月前から、毎日普段より30分早起きし会社のカフェテリアで勉強しています。カフェテリアでは、他にも勉強している人がおり、適度な緊張感があるため私は集中して勉強ができます。試験前の最後の土日は、勉強に集中するために他の予定を入れないようにしています。勉強の進み具合によって異なりますが、大体4時間ほどカフェに篭って勉強し、その後も家で1時間ほど最後の追い込みをしています。試験日も3日前までであればWebassessor(Salesforce試験の予約システム)から試験日の変更が簡単にできるため、どうしても外せない予定が直前の土日に入ってしまった場合は試験日を変更しています。

資格の勉強方法を教えてください!

大まかな機能の把握→学習環境で機能を実際に触る→細かい機能の確認→気になる箇所は学習環境で実際に確認→練習問題を解く、という流れで勉強しています。大まかな機能の把握では、Salesforceの研修やTrailheadの資格取得用モジュールの内容全体をさらっと一読しています。その後、実際に学習環境で機能を触ることで学んだ知識を確認します。細かい機能の確認では、研修やTrailhaedの内容を細かく読み込みます。文字だけ読んでも頭に入らないことが多いので、時間が許す限り実際の設定画面や動きを学習環境で確認しています。最後にSalesforce研修の練習問題を解き、体系的に学習できたかを確認します。

 

資格試験では単なる設定や機能の質問だけでなく、実際のケースでのベストアクションを問う問題も多いため、机上だけの知識にならないよう実際にユーザが利用することを想定しながら勉強するように意識しています。

Service CloudとField Service Lightningの資格を保持されている方はまだまだ多くありません。これらの資格の対策ポイントを教えてください!

Service Cloud試験は試験範囲が広く深いため、他の資格試験より勉強しました。Service Cloudの研修受講時にもらったテキストの内容は不明点がなくなるまでSalesforceヘルプや実際の環境で念入りに確認しました。

Field Service Lightningについては、先輩が作成したField Service Lightning資格試験用資料をもとに勉強しました。Field Service Lightningは他の製品に比べて関連するオブジェクト数が多い、複雑な構造をしている、”ディスパッチャー”や”テクニシャン”など独自の名称や役割があるため学習が難しい製品でした。独自名称の説明やオブジェクトの関連図、製品利用時のフローが記載されている勉強資料はとても役に立ちました。

社内に資格取得を応援してくれるプログラムはありましたか?

社内でSalesforceの研修が開催され、希望する研修は受講可能、資格試験料も会社負担、先輩たちが作成した製品のポイントをまとめた資料で勉強することができますので、Salesforceの学習環境が整っています。さらに、四半期ごとに資格取得者が社内のSalesforce関連チーム全体に公開されるので、負けてられない!と勉強のやる気を上げてくれます。

資格を取得して良かったことはなんですか?

資格で勉強した内容はそのまま仕事に活きていると感じます。導入案件を進める上で、Salesforceの標準機能の知識が無いと多くがカスタマイズや開発に転ぶことになり、コスト・リスクの増加に繋がります。お客様と作成した統制ルールでもなるべく標準で実装するようルール化しています。資格取得することでそれぞれの製品で標準装備されている機能を体系的に学ぶことができ、お客様へ標準機能で提案できる幅が広がりました。また、資格取得は努力の分かりやすい結果であり、資格取得が社内での評価にもつながりました。

Salesforceに触れて、キャリアとして良かったことは何ですか?

Salesforceは標準で多くの機能が装備されており、ほぼプログラミングをすることなくシステムを実装できるため、若手のうちから1機能だけでなくシステム全体を把握することができます。また、標準機能を中心に導入している案件は短期間導入となるため、案件の最初から最後までのながれを若手のうちに経験できます。

リーダーの動きも見えやすく、リーダーとしての動きを把握しやすいことから、若手でもチームリーダーとして案件を推進する経験を積むことができました。メンバーに求められるスキルとリーダーに求められるスキルは全く異なり、若いうちからチームリーダーを経験することで、同様の案件に参画するにも、より多くの知識・経験を吸収できていると実感しています!

 

認定資格について

セールスフォース・ドットコムの認定資格は、Salesforce製品を使用する各担当者の役割に必要なスキルを保持していることを証明するグローバル共通資格です。

資格保持者は、各分野に於いて即戦力であることを証明できます。

 

他のインタビューを見る