第2章:顧客中心の広告戦略を構築する方法

使用しているシステム全体で顧客のIDを統合
 
読み終わるまでの時間:5.5分
 
 
 
今日の市場には、ほぼ無限の選択肢があり、その結果として、顧客の要求(英語)はかつてないほど厳しくなっています。実際、顧客の72%が、企業が自分のニーズを理解してくれることを期待しています。そのため、顧客のニーズをビジネスの目標の中心に据えることが不可欠になっています。十分な量の統合データ、適切な調査ツール、リスニングツールを持ちながら、顧客のことを一番に考えていれば、それぞれの顧客の興味に関連した広告ジャーニーを創造し、徐々に信頼し合える関係を構築していくことができます。
お使いのマーケティングシステム全体で、一人ひとりの顧客のIDが統合されていれば、各チャネルでそれぞれの顧客の好みにもとづいたマーケティング戦略を構築するために必要な情報を得ることができます。さらに、適切なチャネル、適切なタイミングでぞれぞれの顧客とって関連性の高いコンテンツを提供することにより、インタラクションデータを収集してその後のマーケティングに活用することができます。これにより、マーケターと顧客の両方がメリットを享受し続けることができるのです。

顧客一人ひとりにとって最適な体験について考え、パーソナライズされたジャーニーを創造する

顧客一人ひとりをかけがえのない個人として扱いましょう。各オーディエンスのニーズにもとづいて、さまざまなサービスやメッセージを提供できるようにしておくことが重要です。顧客データプラットフォーム(CDP)を使えば、データを使用して既存顧客の主な特徴を把握し、その情報をもとに類似オーディエンスを創出し、カスタマイズされた広告のターゲット市場とすることができます。
1対1の原則で顧客をターゲット化することは、それぞれの顧客に最適な体験を提供するためのベースとなります。顧客一人ひとりの興味や過去のやり取りを完全に把握することで、その後のすべてのやり取りを顧客の要望に合わせてパーソナライズして、体験を向上させることができます。
今日の業界を牽引するマーケターは、過去の履歴を反映した、1対1の強力なエンゲージメントを提供しています。たとえば、顧客のもっとも関心のあるトピックに合わせてパーソナライズしたキャンペーン、あるいは特定の顧客には適さない広告の除外といったことです。そうしたエンゲージメントはすべて、ブランドと各顧客との過去のやり取りの全体像にもとづいています。

次のステップを考える

もちろん、パーソナライズされた広告や顧客エンゲージメントに関係するものは、つながりの中の特定の瞬間だけではありません。顧客の特性、利用するコンテンツ、興味にもとづいて変化、移行、進化する多段階の体験を創出することが重要なのです。
データドリブンの広告を使って確実に成長を促進するには、顧客との最初のやり取りの後、次のステップをどうするかについての明確な計画を立てる必要があります。この最初のエンゲージメントが、一人ひとりの顧客にパーソナライズされた、今後のやり取りやジャーニー全体の出発点になりうることを考慮にいれましょう。
 

各章へのリンク

 

03

 
 

その他のリソース

 
 

最新情報と斬新なアイデアを
メールでお届けします