使い慣れたSalesforceツールで開発効率を高め、GDPRへのコンプライアンスを確立しましょう。
 
 
Salesforceインフラストラクチャ、製品、法務チームは、一般的なeコマースのユースケースに関連するGDPR要件を綿密に分析しました。 Commerce Cloudは、既存の機能を明確に定義し、新しいソリューションを提供し、GDPR関連の機能を顧客にわかりやすく提示することで、ツールと機能を確実に使用できるようにサポートします。
 
新しいOpen Commerce API Explorerは、使いやすいUIを備えた単一のポータルで、あらゆるCommerce Cloud OCAPI APIに対応できる統合環境です。 APIコードに直接アクセス可能で、サンドボックス環境に統合されているため、継続的に統合が強化されます。このため、開発者は新しいデジタルエクスペリエンスを効率的にテストして設計できます。
 
出荷ロジスティクスの複雑さを軽減する割り当てルールを使うことで、 小売企業は商品の出荷方法や出荷元の設定や優先順位付けを容易に行えるようになります。 あらかじめ定義されたルールやカスタムルールを利用して、出荷元(倉庫、店舗、直送)や注文の処理方法(分割配送など)を施設ごとに管理できます。
 
eコマースチームは、既存の辞書(ストップワード、同義語、上位語、複合語、検索候補など)をLightning上の単一UIに統合する新しいSearch Dictionariesモジュールを使って検索辞書を一元管理できます。 新しいUIには新機能のEinstein Search Dictionariesを通じてAI能力も導入されるので、数時間を要する同義語リストを数分で最適化できます。