皆さんが普段使っているSalesforceで、Einstein Forecasting、Lightning Sales Consoleのマクロを活用しましょう。
 
 
担当者、チーム、会社レベルで正確な売上予測を作成し、データに基づく意思決定を可能にします。 販売につながる重要なビジネス要素を機械学習で導き出し、インサイトを直ちに実行可能なものにします。 さらに商談スコアリングにより、最も価値の高い商談とリスクの高い商談をすばやく特定できます。
 
同じ作業を何度も繰り返す必要は、もうありません。 Lightning Sales Consoleのマクロを使えば、営業担当者はマウスでクリックしたときに実行されるタスクを選択できます。 営業活動がスピードアップし、週に数時間は節約できます。
 
人気の商談分割機能を、Sales CloudのLightning Experienceでも利用できるようになりました。 1つの商談で得る収益をチームメンバーと容易に共有できるほか、営業担当者の個人営業目標をノルマやパイプラインレポートとしてまとめ、チーム全体に配布できます。
 
Lightning Sync for Exchange 2013および2016は、双方向イベント同期機能が好評を博しています。 SalesforceまたはOutlookカレンダーにイベントを追加すると、Lightning Syncにより、そのイベントが両方の画面に表示されます。データの二重入力は不要です。 出席者も同期されるので、その日に会う人物を常に把握できます。
 
B2B Marketing Analyticsにより、マーケティング担当者はキャンペーンのROIをファネル全体で可視化し、最善の結果が得られるチャネルやプログラムを優先できるようになります。 ファースト、平均分配、ラストの各貢献モデルからキャンペーン効果の高いチャネルを特定し、あらゆる購買段階で交渉力を発揮し、商談を成立させることができます。