セールスフォース・ドットコムの『Dreamforce 2012』が開幕 ビジネスのソーシャル化が加速

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2012年9月19日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2012年9月20日
株式会社セールスフォース・ドットコム

企業と顧客、パートナー、従業員、製品をこれまでとまったく違う新しい手法でつなぐ、ソーシャルクラウドとモバイルクラウドの革新的テクノロジーを発表

エンタープライズ・クラウドコンピューティングのリーダーとして、企業における販売、カスタマーサービス、マーケティング、コラボレーション、働き方、イノベーション環境を変革

10周年を迎え世界最大のベンダーテクノロジー・カンファレンスとなった『Dreamforce』で、90,000名以上の事前登録者がソーシャルの力を体感

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、企業と顧客、パートナー、従業員、次世代の製品をこれまでとまったく違う新しい手法でつなぐ、ソーシャル・クラウドコンピューティングとモバイル・クラウドコンピューティングの革新的テクノロジーを発表しました。これらの画期的なテクノロジーによって、企業はソーシャル革命に向けて販売、カスタマーサービス、マーケティング、コラボレーション、働き方およびイノベーションの環境を変革することが可能になります。これらの発表はすべて、参加登録者が90,000名を超える世界最大のベンダーテクノロジー・カンファレンス『Dreamforce 2012』において行われました。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。
    「今日、市場をリードする企業はビジネスがソーシャルであることを知っています。当社の6つの製品ラインを通じた新しいイノベーションによって、企業は販売、サービス提供、マーケティング、コラボレーション、働き方、イノベーションを推進する環境を変革し、顧客とより深い関係を築くことができます。」
  • Wells Fargo社のEVP、スティーヴ・エリス(Steve Eliss)氏は次のように述べています。
    「今や、ソーシャルは消費者だけのものではなく、企業のものでもあります。セールスフォース・ドットコム社が提供するソーシャルイノベーションによって、私たちはすべてのお客様との関係を通じてWells Fargoブランドに命を吹き込むことができます。」

ビジネスはソーシャル: これまでとまったく違う新しい手法で企業と顧客をつなぐ
現在、世界中でソーシャル革命が進んでいます。 世界のソーシャルユーザ数は45億人以上を数え、FacebookやTwitter、LinkedInなどで毎日交わされている会話は1億5,000万を超えます。

しかし、ソーシャル革命はもはや消費者のみのムーブメントにとどまらず、今日すべての企業におけるカスタマーレボリューション(顧客革命)を生み出しています。たとえば、Facebookにおけるフォーチュン100企業のファンの数は123%の成長率で増加している一方、Webサイトのトラフィックは右肩下がりで減少しています。IDC社のレポートによると、ソーシャルネットワークへの支出は47%増加しており、すべてのテクノロジー分野を通じて最も急成長している分野になっています。また2012年のIBM CEO調査では、ソーシャルは従来の手法に替わり企業と顧客のエンゲージメントに使われるトップ2の手法の1つになるとされています。また、2012年のMcKinsey Global Instituteによる調査では、ソーシャルテクノロジーを採用している企業は70%に上り、これらのソーシャルテクノロジーが生み出す可能性のあるビジネスバリューは1兆3,000億ドルに上ることが見込まれています。今日、ビジネスはソーシャルであると言えます。

ソーシャルおよびモバイルのイノベーションにおいて確固とした実績を誇る、エンタープライズ・クラウドコンピューティングのリーダーとして、セールスフォース・ドットコムは企業が自社と顧客、パートナー、従業員、製品をこれまでとまったく違う新しい手法でつなぐためのサポートを提供します。

本日『Dreamforce 2012』において、セールスフォース・ドットコムは、以下の通り企業が販売、カスタマーサービス、マーケティング、コラボレーション、働き方、イノベーションを推進する環境を変革する、数々の新しいテクノロジーを発表しました。

  • Salesforce Touch、Salesforce Chatter Communities for Partners、Data.com Social Key:
    新しいSalesforce Touch、Chatter Communities for Partners、Data.com Social Keyによって、企業はソーシャルおよびモバイルの時代に対応する形で、販売環境を変革できます。HTML5を使用するSalesforce Touchは、セールスフォース・ドットコムのネイティブモバイル戦略を広げ、プラットフォームに関係なくあらゆるモバイルデバイスにSalesforce を提供し、いつでもどこでも営業担当者がコラボレーティブに商談を進められる環境を実現します。Chatter Communities for Partnersは企業と代理店、リセラー、サプライヤを含む取引先をつなぎ、商談データのシームレスな登録、実証済みの様々なツールへのアクセス、適切なエキスパートとのコラボレーションを通じて、売上を促進します。また、Salesforce Data.com Social Key によって企業はソーシャルネットワークからの最良のコンテキストと従来の企業データを組み合わせることで、これまで以上に強い顧客関係を築き、より多くの商談をより短時間で契約に結び付けることが可能になります。
  • Chatter Communities for Service: Chatter Communities for Service によって、顧客がプライベート・ソーシャルコミュニティで、他のユーザや企業内エキスパートと直接コミュニケーションを図れる場を提供することで、時代遅れのポータルサイトの古い世界は根底から変革されます。また業界をリードするService Cloudとの統合により、顧客へ確実にベストサービスを提供することができます。
  • Salesforce Marketing Cloud: Salesforce Marketing Cloud は、ソーシャルリスニングから、コンテンツ、エンゲージメント、広告、ワークフローの自動化と効果測定までを統合した初のスイートです。業界を牽引するBuddy MediaとRadian6が結合されたMarketing Cloudによって、企業はあらゆるソーシャルマーケティング活動を管理し、共通の情報資産へ一元的にアクセスできる、スイートを利用することができます。
  • Salesforce Chatterbox: Salesforce Chatterbox は、信頼性の高いSalesforceをベースに、あらゆるデバイス間でシンプルかつセキュアなファイル共有を実現します。Salesforce Chatterboxによって、ユーザはそれぞれのビジネスプロセスに応じてファイルを管理、共有できるようになります。
  • Salesforce Work.com: 世界初のソーシャルパフォーマンス管理プラットフォームであるWork.com によって、企業はソーシャル上で設定した目標に基づいて従業員の意識の統一を図り、日々の働きをリアルタイムに認知し報奨を与えることでモチベーションを高め、継続的なフィードバックと的確な評価によってパフォーマンスの向上を促進できます。また、セールスフォース・ドットコムが新たにAmazon.com社とパートナーシップを結んだことで、企業は直接Work.com環境内で従業員に報奨を与え、モチベーションを高められます。
  • 次世代のSalesforce Platform: 世界をリードするエンタープライズ・クラウドプラットフォームSalesforce Platformへ、新しいテクノロジーとしてSalesforce IdentityおよびSalesforce Touch Platformが加わりました。新しいSalesforce Identityは「企業のためのFacebook式のID」を提供します。信頼性の高い単一のソーシャルIDによって、すべてのクラウドアプリケーションへアクセスし、一元的にIDを管理することが可能になります。もう1つの新しいテクノロジーであるSalesforce Touch Platform では、いったんモバイルアプリケーションを構築すれば、後は現代の開発者が好んで使用しているものと同じクラウドプラットフォーム・サービスを使用して、どこへでも展開することが可能になります。 9つの主要なエンタープライズ・クラウドプラットフォーム・サービスによって、企業はイノベーションを加速させ、Salesforce Platformを基盤に次世代のソーシャルアプリケーションおよびモバイルアプリケーションを比類ないスピード、モバイル性、信頼性で提供できます。

『Dreamforce 2012』でソーシャルの力を体感
今や世界最大のベンダーテクノロジー・カンファレンスとなった『Dreamforce 2012』(9月18~21日)において、セールスフォース・ドットコムは広くソーシャル革命への参加を呼び掛けています。世界中から記録的な数の来場者を迎え、セールスフォース・ドットコムは企業がどのようにソーシャルおよびモバイルのクラウドテクノロジーを活用し、これまでとまったく違う新しい手法で顧客やパートナー、従業員、次世代の製品とつながっているのかを示します。750以上のセッションと、350社を超えるクラウド関連企業の展示・デモで構成される『Cloud Expo』は、来場者に対話形式のセッションや、最先端のテクノロジーに触れることができるトレーニング、数千に及ぶライブデモ、またとない他社とのネットワーク構築の機会を提供します。

Salesforce Sales Cloud - 価格および提供時期

  • Salesforce Touch は、すでにiPad向けに一般提供を開始しています。現在のところ、iPhoneおよびAndroid向けの一般提供は2013年前半に開始の予定です。
  • Salesforce Touch は、すべてのSalesforce エディションに含まれています。
  • 現在のところ、Chatter Communities for Partners は2012年秋にパイロット限定版を配布の予定です。
  • 現在のところ、Chatter Communities for Partners の一般提供は2013年後半に開始の予定です。
  • 現在のところ、Data.com Social Key の一般提供は2013年後半に開始の予定です。
  • Chatter Communities for Partners およびData.com Social Key の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。

Salesforce Service Cloud - 価格および提供時期

  • 現在のところ、Chatter Communities for Service は2012年秋にパイロット限定版を配布の予定で、一般提供は2013年後半に開始の予定です。
  • Chatter Communities for Service の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。
  • Desk.comは、すでに一般提供が開始されています。 基本料金は、月額49ドルです(フルタイムエージェントあたり、利用制限なし)。 またパートタイムエージェント向けに、1時間あたり1ドルのフレックス価格も用意しています。

Salesforce Marketing Cloud - 価格および提供時期

  • Salesforce Marketing Cloud は、すでに一般提供を開始しています。基本料金は、月額5,000ドルとなります。
  • セールスフォース・ドットコムのサービスのご購入を検討中のお客様は、現在利用可能な機能に基づいてご購入を判断くださいますようお願いいたします。

Salesforce Chatter - 価格および提供時期

  • 現在のところ、Salesforce Chatterbox は2013年前半にパイロット版を提供開始の予定です。
  • Salesforce Chatterbox の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。

Salesforce Work.com - 価格および提供時期

  • Work.com は、今年第4四半期に一般提供を開始の予定です。 料金は、一般提供開始時に発表の予定です。
  • Salesforce Rypple は、すでに提供が開始されています。 基本料金は、ユーザあたり月額5ドルとなります。

Salesforce Platform - 価格および提供時期

  • Salesforce Touch Platform は、Force.comの一部としてすでに一般提供を開始しています。 Mobile SDKおよび他のモバイルコンポーネントは、Githubからご利用いただけます(https://github.com/forcedotcom)。
  • Salesforce Identity の一般提供は、2013年に開始の予定です。 Salesforce Identity の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。
  • 現在のところ、Force.com Canvas は「Force.com Winter ‘13」パイロット版の新機能となっています。
  • Heroku Enterprise for Java の基本料金は、アプリケーションあたり月額1,000ドルで、本日よりhttp://heroku.com/enterprisejavaから提供しています。
  • RESTful Chatter APIは、Force.comの一部としてすでに一般提供を開始しています。
  • 現在のところ、Chatter Communities は2012年秋にパイロット限定版を配布の予定で、一般提供は2013年後半に開始の予定です。 Chatter Communities の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。
  • AppExchange CheckoutはAppExchange の新機能で、すでに提供を開始しています。
  • Database.comのネイティブ位置情報項目およびユーザ共有機能は「Force.com Winter ‘13」パイロット版の新機能となっています。
  • Site.comのSite Networking機能およびMulti-lingual Sites機能は現在のところパイロット版で、「Force.com Winter ’13」で提供開始の予定です。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。