株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、総合スポーツメーカーであるミズノ株式会社(本社:大阪府大阪市住之江区、代表取締役社長:水野明人、以下:ミズノ)が、グローバルビジネス拡張を目指し、顧客とのエンゲージメントを強化するためにSalesforceを採用したことを発表しました。これによりミズノは、Salesforce Commerce Cloud(以下、Commerce Cloud)を活用してグローバルのeコマースサイトを刷新し、同社ブランド力の強化と購買の利便性を高めたショッピング体験の提供を実現します。
今後ミズノでは、すでに利用を開始しているSalesforce Marketing Cloud(以下、Marketing Cloud)およびSalesforce Service Cloud(以下、Service Cloud)と連携することで、デジタルマーケティングを強化していくことを見据えています。

ミズノは総合スポーツメーカーとして、1906年に創業。現在は「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念に、アマチュアからプロフェッショナル選手まで幅広いユーザーのニーズに対して多くの競技種目のスポーツ用品や運動プログラムを提供してきました。昨今、モバイルやソーシャルメディア(SNS)の台頭により、顧客とのタッチポイントが急速に多様化している中、企業にとって顧客がどこからでも快適に商品情報を入手し、簡単に商品を購入できるようにすることは、購買の利便性向上を図る上で必要不可欠です。また、グローバルビジネスを強化していく上で、統一したブランドイメージを発信することは必須です。すでに一部の地域・国で運用したeコマースサイトは、各国独自でサイトが運用されていたため、グローバル共通で一貫したブランディングとeコマース領域の取り組みを推進しにくい状況が形成されていました。

そこでミズノは、eコマースシステムを一元管理しつつ、各国の商習慣に合わせたオペレーションが可能であること、ビジネス変化に応じてシステム拡張を柔軟かつ容易に行えること、管理画面やフロント画面が多言語に対応していること、多国通貨による決済に対応していることを評価し、Commerce Cloudの採用を決定しました。Commerce Cloudを導入することで、ミズノは共通したブランドイメージを世界の顧客に直接発信しながら、各国のスポーツ文化に合ったスポーツ用品を提案するeコマースサイトをスピーディーに構築することが可能になります。また同社は、Webやソーシャル、モバイル、そして店舗といった顧客との多様なタッチポイントを整備することで、顧客に購買チャネルの選択肢を幅広く提供し、顧客と直接つながっていくことを推進します。さらに、ミズノでは、Commerce Cloudに搭載されるAI(人工知能)機能Salesforce Einsteinを利用することで、多品目におよぶ商品ラインアップの中から顧客一人ひとりに合う商品を効果的かつ最適なタイミングでおすすめ(リコメンド)したり、カスタムオーダーを実現したりするなど、顧客の潜在的なニーズを自動的に発掘することで、クロスセルやアップセルの強化につなげ、顧客の購買ニーズの多様化に対応していきます。

ミズノは、まずはこれまでeコマースサイトを構築していなかった東南アジア諸国からCommerce Cloudの導入を開始し、順次各国で展開していくことを見据えています。今後はCommerce Cloudと、すでに利用しているMarketing CloudやService Cloudとを連携することで、継続的なコミュニケーションを行い、顧客一人ひとりのライフスタイルやライフステージに合わせたカスタマージャーニーを実現することで、日常にスポーツを取り入れたライフスタイルを楽しんでもらえるような関係構築を目指します。