Skip to Content
フッターにスキップ

マーク・ベニオフからステークホルダーの皆様への手紙(2024年)

※本資料は2024年4月29日に米国で公開されたMarc Benioff’s 2024 Letter to Stakeholders の抄訳です。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

編集注: 2024年4月29日、Salesforce は年次の ステークホルダー インパクト レポートを発表しました。このレポートは、環境、社会、ガバナンス(ESG)の透明性に対する当社のたゆまぬ取り組みを示し、ステークホルダーの皆様とその情報を共有し、長期にわたる進捗状況をご報告するものです。以下、マーク・ベニオフからの手紙の全文をお読みください。


25 年前、私たちはサンフランシスコのテレグラフヒルにある小さなアパートで、ソフトウェア業界に革命を起こすという夢を抱いて Salesforce を立ち上げました。

私たちは、新しいテクノロジーモデル、新しいビジネスモデル、そして新しいステークホルダーモデルとともに、エンタープライズソフトウェアをクラウドに持ち込みたいと考えていました。そして、私たちは大きな夢を抱いていましたが、Salesforce が今日のように世界No.1の AI CRM、世界第 3 位のエンタープライズソフトウェア企業、そして世界最大のエンタープライズアプリケーション企業になるとは想像もしていませんでした。

これは、Salesforce の 25 周年を祝うにあたって素晴らしい進歩です。

同時に、2024 年度は次世代のAI(人工知能)により、並外れた変革の年となりました。私たちの業界の歴史の中で最も重要な瞬間かもしれず、お客様は私たちに、この AI 革命を導き、まったく新しい方法で顧客とつながるための支援を求めています。

私は特に、信頼、カスタマーサクセス、イノベーション、平等、サステナビリティという当社が大切にしている価値観(コアバリュー)に忠実であり続けることで、この素晴らしい成功を収めていることを誇りに思っています。このコアバリューは私たちの指針であり続け、すべてのステークホルダーと成功を分かち合い、私たちが想像していた以上に社会貢献の1-1-1モデルのインパクトを拡大させています。

今日までに、 当社は 7 億ドル以上の助成金を提供し、従業員による 870 万時間以上のボランティア活動を行ってきました。私たちは、当社のテクノロジーを56,000 を超える非営利団体や高等教育機関に提供し、ミッション達成の支援をしていることを光栄に思います。また、20,000 近くの企業が当社の 1-1-1 モデルを採用し、独自のインパクトを与えていることに感銘を受けています。

責任あるテクノロジーの構築

2024 年度には、当社の AI 製品を業界で最も信頼される製品にするための取り組みに着手しました。当社の倫理的および人道的利用オフィスの主導の下、私たちは企業の中で AI 製品の責任ある開発と導入を確実にするためのガイドラインAI利用規定の作成に注力しました。また、お客様がデータのセキュリティとプライバシーの制御を損なうことなく生成 AI の恩恵を受けることができる、Einstein Trust Layerを導入しました。

また、Salesforce は政府、産業界、学術界、市民社会と積極的に連携し、責任ある、リスクベースの、世界的に適用可能な AI 規範を推進しています。これには、責任ある AI 政策についてホワイトハウスに助言を提供することや、安全、安心、信頼できる AI の開発を促進するための自主的な取り組みへの署名が含まれます。

公平で持続可能な未来の創造

私たちは平等への取り組みを進め、私たちの社会の多様性を反映する職場を構築すべく、2031 年度までの新たなレプレゼンテーション(全従業員における多様な人材の構成比率)に関する目標を設定しました。私たちは引き続き、同一労働同一賃金にも取り組んでいきます。

私たちはまた、安全かつ、平等で持続可能な未来を構築するための努力を続けています。生成 AI の台頭を受け、当社は責任ある AI 開発のためのガイドラインの 1 つであるサステナビリティをEinstein 1 Platformに取り入れることに積極的に取り組んでいます。

今年、当社はブラジル、インド、サハラ以南のアフリカ、東南アジアで公正かつインクルーシブなエネルギー移行を推進する社会的インパクト志向の新プロジェクトを支援するため、これまでにない長期の再生可能エネルギー購入の先駆者となりました。また、1 億本の樹木の保全、再生、育成に資金を提供するという目標の半分以上を到達しており、現在までに 5,200 万本を達成しています。

コミュニティを支援する

また、Salesforce は、非営利団体が信頼できる生成 AI テクノロジーに公平にアクセスできるように、Salesforce Accelerator – AI for Impactを立ち上げました。2024年度、Salesforce は、1-1-1 モデルを活用して、200 万ドルの使徒制限のない助成金、プロボノの専門知識、Salesforceテクノロジーの寄贈をコミットしました。これにより、Salesforceを活用して革新的な AI ソリューションを開発する6 つの教育機関および人材開発に取り組む非営利団体を支援します。

現在、世界中の 600 万人を超える トレイルブレイザーが、当社の無料オンライン学習プラットフォームである Trailhead を使ってスキルを向上させ、デジタル人材に対する需要の高まりに応えていることを誇りに思います。

また、危機的状況にあるグローバルコミュニティを支援するために、Salesforce とその従業員は、トルコ・シリア大地震やマウイ島の山火事などの災害に人道的支援を行う非営利団体の活動を支援するために 200 万ドル以上の寄付を集めました。

引き続きの皆様のパートナーシップとご支援に感謝いたします。私たちはこれから起こること、そして皆様と一緒にこの旅を続けられることをとても楽しみにしています。

感謝の気持ちを込めて、
マーク

おすすめの記事

おすすめの記事

Astro

Get the latest Salesforce News