Skip to Content
フッターにスキップ

Salesforceがよりサステナブルで公平な AI の道を開く 

新たに策定されたサステナブルな AI ポリシー原則は、規制当局や政策立案者へのアドボカシー(権利擁護や支持)の指針となることを目的としています
Salesforceの支援のもと、5 つの非営利団体が、AI に焦点を当てた気候ソリューションを開発 − 緩和、適応、レジリエンス、資金調達を優先

※本資料は2024年4月22日に米国で公開された Salesforce Paves the Way for More Sustainable and Equitable AI の抄訳です。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。


Salesforce は、AI の利用を通じてよりサステナブルで公平な未来を促進することを目的とした新しいイニシアチブを発表しました。具体的には、環境負荷を最小限に抑え、革新的な気候変動対策を促進するために AI 関連の規制を導くことを目的としたフレームワーク「サステナブルな AI ポリシー原則」を公開しました。 また、Salesforce は、気候変動対策に焦点を当てたアクセラレータープログラムである 「Salesforce Accelerator – AI for Impact」に新たに 5 つの非営利団体を選出しました。このアクセラレータープログラムでは、パーパス志向の組織が AI ソリューションを活用して気候変動の喫緊の課題に対処できるよう支援します。

重要な理由: 責任ある AIの開発を優先することで、組織は公平性とサステナビリティを確保しながら、テクノロジーでプラスのインパクトを与えることができます。

  • AI の公平性は偏見を緩和させ、公正性と包摂性、そしてテクノロジーへのアクセスにおける格差是正を促進します。 
  • サステナブルな AI を実践することで、エネルギー消費を削減し、環境負荷を最小限に抑えます。

原則の詳細:この新しいサステナブルな AI ポリシー原則は、​世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べて1.5度に抑える努力をする​という、1.5 度目標の達成に向けた公正かつ公平な移行に向けて、明確で一貫性のある科学的根拠に基づく気候政策を支持する Salesforce のコミットメントに基づいています。 

  • サステナビリティに対するSalesforceの広範なコミットメントの一環として、この原則は、サステナブルな AI 規制を採択する政策立案者や規制当局に、次のような明確なベストプラクティスを提供します。
    • AI モデルの環境負荷を管理および軽減し、テクノロジーがサステナブルな未来を支える形で開発されることを保証する方法
    • AI の環境への応用を奨励かつ可能にする政策によって、革新的な気候変動対策を促進するためのアイデア
  • Salesforce は、異常気象をより的確に予測して対応するためにAI の導入と実装を促進することを目的とした、経済近代化のための変革的 AI (TAME: Transformational AI to Modernize the Economy) 法を支持した最初のテクノロジー企業でもあります。 

アクセラレーターの背景:新たな AI for Impact プログラムの一環として、 Salesforce は気候変動対策に取り組む非営利団体をテクノロジー、資本、社会貢献活動で支援し、地球に恩恵をもたらす AI ソリューションの創出を促進支援しています。

  • Salesforce製品の寄付と 200 万ドルの共有資金を組み合わせることで、この5団体は気候変動対策のAIを活用したイニシアチブの創出を目指します。
  • AI for Impactアクセラレーター  の最初の 5 団体は、次の 3 つの重要分野におけるソリューションを開発します。 
    • 気候緩和:温室効果ガス排出量を削減し、炭素吸収源を強化する
    • 気候変動への適応とレジリエンス:コミュニティの気候変動に対する適応力を強化し、脆弱性を軽減する
    • 気候資金:コミュニティと気候変動対策を推進するための資金をつなげる
  • これらの団体は、Salesforce の戦略、計画、責任ある AI の利用、データ戦略、テクニカルアーキテクチャ分野の専門家による 1 年間の無償コンサルティング(プロボノ)の恩恵を受けます。 

アクセラレーターの参加者: 

  • Climate Collective Foundation : グローバルサウス(新興国・途上国)最大の非政府クライメートテックスタートアップのアクセラレーターであるClimate Collective Foundation は、クライメートテックスタートアップへの投資プロセスを合理化し、促進させるための AI を活用したプラットフォームを構築します。このプラットフォームは、エコプレナー(環境起業家)と気候資金の機会をより効果的にマッチングさせることを目的としています。
  • Good360 :気候変動関連の災害を受け、Good360 は支援を必要とするコミュニティに物資を寄付しています。 AI を活用して、30 億ドル以上に相当する、トラックにして 1 万 6,000 台分以上のトラック積載分の物資の物流、マッチング、出荷、配達を最適化します。物資が廃棄処分されることなく必要とする人々に届けることで、最終的に排出量削減にも寄与します。 
  • Groundswell:公平な太陽光発電プロジェクトとクリーンエネルギープログラムには、コミュニティのニーズに合わせてカスタマイズした関わりが必要です。Groundswellは、自社の能力をAI 活用により強化することで、家庭のエネルギー負担を半減させ、再生可能エネルギーへの公平なアクセスを促進するため、プログラム、カスタマーサービス、省エネプログラムへの直接資金を調整し、、5 年間で 172 メガワットのコミュニティ太陽光発電を支援します。
  • Ocean Risk and Resilience Action Alliance (ORRAA): ORRAA は、「サステナブルで再生可能な海洋イニシアチブへの世界的な投資は増加していますが、市場は依然として細分化されています」と述べています。そのため、ORRAA はAI を活用して投資家とプロジェクトをマッチングさせ、2030 年までに気候変動の影響を受けやすい沿岸部の 2 億 5,000 万人のためにレジリエンスを築く機会を特定するグローバルなブルーファイナンス市場「The Octopus Desk」を共同で開発しています。
  • WattTime:WattTimeによると、「エネルギーの利用方法を変え、風力発電と太陽光発電を戦略的に配置させ、サプライヤーを慎重に選択することで、年間 9 ギガトン以上の二酸化炭素 (CO 2 ) を節約できる可能性があるものの、こうしたシンプルな解決策に対する認識や技術的理解は十分ではない」ということです。 WattTime は同社のチーム能力を向上させる「AI アシスタント」を開発することで、記事、チュートリアル、FAQ へのセルフサービスアクセスを提供し、より多くの組織に情報を届け、大幅な CO 2削減を達成できるようにします。

私たちは力を合わせて、テクノロジーがあらゆる場所ですべての人に恩恵をもたらすための取り組みを加速させることができます。

Salesforce EVP 兼 チーフ・インパクト・オフィサー、スザンヌ・ディビアンカ(Suzanne DiBianca)

関係者のコメント:

  • 「AI によって私たちの生活や働き方が変化するなか、公平かつサステナブルなテクノロジーを開発することは、これまで以上に重要です。私たちは、サステナブルで公平な AIの イノベーションにコミットしている気候変動領域の非営利団体を支援できることを嬉しく思います。責任ある AI 開発の指針となる明確なポリシーを設定し、それを提唱することは、当社とエコプレナー(環境起業家)、パートナー、お客様のエコシステムにとっても重要です。私たちは力を合わせて、テクノロジーがあらゆる場所ですべての​​人に恩恵をもたらすための取り組みを加速することができます。」 – Salesforce EVP 兼 チーフ・インパクト・オフィサー、スザンヌ・ディビアンカ(Suzanne DiBianca)
  • 「私たちは、Salesforce Accelerator – AI for Impact に参加できることを大変嬉しく、またとても感謝しています。これはGroundswellにとって大きな転機であり、私たちがコミュニティでの太陽光発電プロジェクトやエネルギー効率化のイニシアチブを拡大する前例のないチャンスに対応する励みとなります。私たちはコミュニティの力を結集して、規模を拡大する準備ができており、AI を戦略に組み込むことでビジョンの達成に向かって前進できます。」 – Groundswell CEO、Michelle Moore
  • 「Salesforce Accelerator – AI for Impact に選ばれて光栄です。Good360は AI の力を活用することで、最も必要な場所にリソースを届けると同時に、温室効果ガス排出量を削減し、さらに大きなインパクトを創出する準備ができています。 Salesforceと協力して、より健全な地球環境の実現をサポートするテクノロジー ツールを開発できることを楽しみにしています」 – Good360 CEO、Romaine Seguin

詳細情報

  • Salesforce の気候変動対策への取り組みについてはこちら。 
  • Salesforce がテクノロジーを通じてどのようにAIをサステナブルにしているかについてはこちら(英語)。
  • エコプレナー(環境起業家)がどのようにして地球を守っているのかについてはこちら(英語)。
  • 最初の Salesforce Accelerator – AI for Impact(教育に焦点を当てたプログラム)の詳細はこちら(英語)。
Astro

Get the latest Salesforce News