セールスフォース・ドットコム、「Salesforce Summer ’07」を発表 世界初のPaaS(Platform-as-a-Service)を基盤にCRMを革新

2007年7月18日
株式会社セールスフォース・ドットコム

PaaSの時代の到来を告げるApexコードの正式リリース

“IT Ready(ITがすぐに利用できる)”なオンデマンド・プラットフォームの新標準:
~マルチテナント・プログラミング言語、マルチインスタンス開発環境、インテリジェント・ワークフロー~
オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都渋谷区、代 表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、「Salesforce Summer ’07」のリリースを発表しました。「Salesforce Summer ’07」では、「Apex(エイペックス)コード」が 初めてユーザへ提供され、PaaS(Platform-as-a-Service: サービスとしてのプラットフォーム)の可能性が初めて実証されます。「Salesforce Summer ’07」は 世界で最も幅広く使われているオンデマンドCRMアプリケーションの23世代目で、完全にカスタマイズ可能なCRMアプリケーションとプラットフォーム、また “業界初” となる数多くの機能を提供します。

セールスフォース・ドットコムのユーザは、「Salesforce Summer ’07」が提供するPaaSの力を活用することで、オ ンデマンド業界の大きなマイルストーンを確立することができます。 これまでにユーザが構築してきたカスタム・アプリケーションおよびカスタム・オブジェクトの数は125,000を超え、「 AppExchange」のインストール数は3万にも上り、また1日あたりのトランザクション数は実に1億件に迫ります。これらの実績は、「Salesforce」が 今日の市場で最もカスタマイズ可能で最も幅広く使われている統合されたオンデマンド・アプリケーション/プラットフォームであるということを実証しています。

セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムとSaaSはCRMの世界に革命をもたらしましたが、今 度はPlatform-as-a-ServiceとApexコードが、お客様によるアプリケーションの開発環境に革命を起こします。PaaS環境では、お客様は必要なコードを作成し、当 社のサーバ上で実行できます。つまり、ソフトウェアなしのプログラミングと言うことができます。これは、まさに“ソフトウェアの終焉” であると言っても過言ではないでしょう」

DuPontのIT担当バイス・プレジデント兼CIO(最高情報責任者)のロバート・R・リダウト(Robert R. Ridout)氏は次のように述べています。「セールスフォース・ド ットコムのアーキテクチャにより、当社は社内の標準基盤となっているSAPトランザクション・エンジン1つを活用しながら、数多くの企業や市場のそれぞれ異なるニーズと特性へ簡単に対応できるようになりました」

今回の「Salesforce Summer ’07」は今年3度目のリリースであり、ITリサーチ大手ガートナーが最近発表したSFAのマジック・クアドラントにおいて、セールスフォース・ド ットコムは「リーダー」クアドラントに置かれていますが、これはSaaS業界が成熟したと同時に、ソフトウェア環境に革命を起こすというSaaSの役割が認められた結果であると捉えています。

Beagle Researchのデニス・ポンブリアント(Denis Pombriant)氏は次のように述べています。「今回セールスフォース・ドットコムがリリースしたSummer '07の重要なポイントは、エンタープライズ環境におけるSaaSの力だけではなく、PaaSの力も広く示したという点です。A pexコードに加えインテリジェントなワークフローやマルチテナント型の開発環境など業界標準となる数多くの機能によって、企業のCIOはITインフラの管理ではなく、“革新性の推進”と いう本来の仕事へ集中できるようになります」

Summer ’07:PaaS(Platform-as-a-Service)およびApexコードを提供
「Summer ’07」が提供する「Apexコード」およびPaaSにより、ユーザはソフトウェアによる制約がまったくないプログラミング環境を利用できます。ユーザは初めて「Apexコード」を 使ってあらゆるアプリケーションを作成し、業界をリードするセールスフォース・ドットコムのPaaS上で直接実行することにより、優れた拡張性、信頼性、可用性を活用することができます。「Apexコード」で 作成されたアプリケーションもすべてが完全なマルチテナント型アプリケーションで、「Salesforce」と同様、自動的にアップグレードされます。

Borlandのワールドワイド・サービス&サポート担当バイス・プレジデント、マイク・エプナー(Mike Epner)氏は次のように述べています。「Apexコードの利用開始により、私 たち自身で全く新しいオンデマンド・アプリケーションを開発し、会社全体をオンデマンド化できるようになったことを大変嬉しく思います。こ れまでにも私たちはSalesforceによって成功を収めてきましたが、Apexコードで構築された新しいアプリケーションによって、さらに大きく飛躍できるようになるでしょう」

今回の「Summer ’07」のリリースにより、ユーザおよびパートナーは、セールスフォース・ドットコムのオンデマンド・ア プリケーションを自社のビジネス基盤へ従来以上にさらに深く統合できるようになります。これまでのユーザによる「Salesforce」インスタンスのカスタマイズは125,000件を超えており、企業・組 織ごとに異なるユニークなビジネス・プロセスを柔軟に対応サポートできる「Salesforce」の能力が実証されています。また、第1四半期の全トランザクション数( Salesforce/AppExchangeアプリケーションを通じたページビュー/APIコール)の半数以上が「Salesforce Web Services API」に よって処理されているという事実は、「Salesforce」の外部Webサービスやエンタープライズ・マッシュアップ、高度なビジネス・プロセス/ワークフロー・ア プリケーションとの卓越した連携能力と統合能力を実証していると言えます。

「Apexコード」はセキュアで簡単かつ迅速なJavaに似た開発言語のため、Javaプログラマーであれば馴染みのある環境ですぐに使いこなすことができます。「Apexコード」で 作成されたアプリケーションはすべてWebサービスとして提供可能で、SOAP標準およびXML標準を通じてアクセスすることができます。今年1月に開始した開発者向けプレビューにおいて「Apexコード」へ アクセスしたSalesforce Developer Networkメンバーの数は1,200人を超え、実際に「Apexコード」によってプロトタイプ・アプリケーションを構築し、フ ィードバックを提供しています。

数々の業界初の“IT Ready”な機能で業界をリード
「Apexコード」によって、企業の開発者やIT部門は、自社のオンデマンド・プラットフォーム向けに完全なカスタム・アプリケーションを構築するための環境を手にできます。また「Summer ’0 7」が提供するマルチインスタンスの開発環境およびインテリジェントなワークフロー機能によって、エンタープライズ・ビジネス・ユーザは自社のアプリケーションを完全にカスタマイズすることが可能になります。こ のようにユニークなPaaSモデルを通じ、企業が必要とする柔軟かつ複雑なオンデマンド・システムを提供しているベンダーは、セールスフォース・ドットコムを置いて他にありません。こ れからもセールスフォースド ットコムは、エンタープライズにおけるオンデマンド・サービスのスタンダードとして、下記の機能を含めて数多くのオンデマンド “初” の機能を提供していきます。

  • 初の“IT Ready” オンデマンド・マルチインスタンス開発環境: 「 Winter ’06 」か ら提供を開始した「 Salesforce Sandbox」によって、ユーザはワンクリックで自社の「Salesforce」開発環境のコピーを作成できます。高い評価を受けているこの機能を利用することで、稼 動中のアプリケーションの利用環境には一切影響を与えることなくテスト、トレーニング、開発を実行できます。今回、ユーザ・コミュニティからの要望に応える形で、「Summer ’07」では複数の「 Salesforce Sandbox」を展開することが可能になりましたこのため、エンタープライズのユーザは、テストや開発やトレーニング用にそれぞれ別の環境を用意し、真の「エンタープライズ開発環境」を 整備することができます。
  • ● 初の“IT Ready” オンデマンド・インテリジェント・ワークフロー: ほとんどのオンデマンド・ベンダーは基本的なワークフロー機能しか提供していませんが、今回、セールスフォース・ド ットコムは高度な「Enterprise Intelligent Workflow」機能をリリースしました。このインテリジェントなワークフロー機能によって、ユ ーザはワークフローへ数式条件を追加することで複雑なルールや承認プロセスを定義できます。これにより複雑なケース割り当てルールから高度な価格割引承認まで、個々のビジネス・ニ ーズに合わせてワークフローを完全にカスタマイズすることが可能になります
コラボレーション、効率性、エンパワーメントを支援するユーザ環境
セールスフォース・ドットコムはこれまでも常に業界をリードする質の高いユーザ環境を提供し、これがセールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーションの堅調な導入実績の基盤となってきました。今 回の「Summer ’07」でも、卓越した利便性と強力なカスタマイゼーション・ツールを提供することにより、開 発者やユーザはユーザインターフェースおよび使用環境をさらに次のレベルへとステップアップさせることができます。

  • ● リッチコンテンツソリューション:「Salesforce Service & Support」を 利用している企業は、ソリューションに対する知識基盤(ナレッジベース)を 生かしてHTMLを使ったソリューションを作成し、図表や写真、そ の他のリッチコンテンツを使って複雑なソリューションを分かりやすく表現することで、ユ ーザが今まで以上に簡単にソリューションやサービスを見つけ、理解できる環境を提供できます。
  • ● カスタムレポート・ウィザード:これまでも、ユーザはカスタムレポートを作成してビジネス・プ ログラムへの理解を深めることができましたが、今 回のリリースではカスタムレポートを簡単かつ合理化された手順で作成するための、完全にカスタマイズしたレポート・ウ ィザードを作成することが可能になりました
  • ● 協業可能なオンデマンド・カスタマーポータル:最新のWeb 2.0コラボレーション・テクノロジーをサポートしている「 Salesforceカスタマーポータル」によって、ユーザは、自 社のブランドで24時間年中無休のセルフサービスポータルを顧客へ提供することができます。「Salesforceカスタマーポータル」では、個 々のユーザ、役割、取 引先企業に合わせてポータルをパーソナライズできるとともに、自社のブランドに合わせてポータル環境をカスタマイズできます。たとえばカスタマーサービスを提供している部門であれば、こ の新しいセルフサービスポータルによって、蓄積されているナレッジを活用して顧客へソリューションを提案するだけでなく、ユーザ・コミュニティのコラボレーション環境をフルに生かし、顧 客主導型の環境でソリューションを提供することが可能になります。
QUALCOMMのマーク・シルバー(Mark Silber)氏は次のように述べています。「 Salesforceカスタマーポータルのカスタマイズとブランディングを完全に実装完了するまでに要した期間は、わずか1週間足らずでした。Salesforce Service & Supportによって、当社のIT部門はビジネス環境の変化へ即応し、簡単なマウス操作で、数日でも数週間でもなくほんの数分間で、 アプリケーションに必要な変更を追加できるようになりました。こ のような環境により、当社は全く新しいカスタマーサービス標準を確立し、お客様へ提供することが可能になりました」

利用可能時期について
現在のところセールスフォース・ドットコムは、マルチテナント型のオンデマンド・モデルを通じて8月から「Salesforce Summer ’07」を提供開始する予定です。「 Salesforceカスタマーポータル」は、月額基本料金600円~(1ユーザ、1ポータル、税別)の追加料金で利用できます。また、「Apexコード」はUnlimited Editionのユーザに無料で提供します。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。