Dell社、Salesforce Chatterの導入を全世界・全社規模に拡大

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年11月19日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2010年11月22日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

Chatterによるエンタープライズ・ソーシャルコラボレーション環境を90,000人以上の従業員に拡張

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、IT業界のパイオニアであるDell社が「Salesforce Chatter」の導入を、全社規模に拡張したことを発表しました。これまで同社は営業およびマーケティング部門で「Chatter」を利用していましたが、今回この環境を世界90,000人以上の従業員にまで拡張しました。現在、「Chatter」を利用している顧客は、60,000社以上にのぼります。

「Chatter」が提供するエンタープライズ・ソーシャルコラボレーション・テクノロジーによって同社の従業員とチームのコラボレーションが可能になるとともに、社内のプログラム、プロジェクト、顧客、ケース、ドキュメントなどへ迅速にアクセスし、知見を深めることができます。「Chatter」は業界初のエンタープライズ・ソーシャルコラボレーション・アプリケーションで、ユーザはプロファイルとグループを作成したり、取引先、商談、ケースなどのビジネス情報や同僚の活動をフォローしたりできるようになります。また、更新情報をプッシュ型でユーザに送信するので、業務効率を新たなレベルに高めることができます。「Chatter」は、信頼性、安全性、拡張性を備えたエンタープライズ・クラウドコンピューティング・プラットフォーム「Force.com」を基盤にし、その洗練された共有モデルによってアクセスと閲覧が認められた情報とコンテンツのみを対象にセキュリティを確保した環境で、ユーザ間のコラボレーションを実現します。

本ニュースに関するコメント

  • Dell社のビジネス・インフォメーション部門担当バイスプレジデント、ジョン・マイルズ(John Miles)氏は次のように述べています。 「人と人をつなぎコラボレーションを実現するソーシャルネットワーク環境を展開したことで、これからも当社は業界をリードしていきたいと思います。Facebook、Dell IdeaStormサイト、Twitterをはじめとする画期的なチャネルを採用して以来、コラボレーションを通じてより迅速にお客様のニーズへ応えるためのソーシャル・テクノロジーを採用してきました。Dell社内のエンタープライズ環境全体にわたるソーシャルコラボレーションにおいて、Salesforce Chatterは同じ可能性を持っていると考えています」
  • Dell社のチーフリスナー、スーザン・ビーベ(Susan Beebe)氏は次のように述べています。 「このアプリケーションならではの機能の1つが、様々な商談をフォローできる環境です。人と人をつなぐことによって、営業の点と点と結べるようになります」

Dell社は、2008年に発表したセールスフォース・ドットコムとのエンタープライズ契約に基づいて、世界中の従業員に「Chatter」を提供します。Facebook、Google、Twitterなどで広く普及したプロファイルやステータス更新、リアルタイムフィードといった機能を「Chatter」で活用することで、企業はクラウドでしか実現できない、新たなレベルの生産性を得ることが可能になります。

「Chatter」に対する業界の反応は、ソーシャル性、モバイル性、リアルタイム性のすべてを兼ね備えたCloud 2アプリケーションに対する圧倒的なニーズが反映された結果と言えます。Cloud 2は、ユーザが普段の生活で日常的に利用しているソーシャルネットワーク・サイトから始まりました。これまで企業はCloud 2をエンタープライズ環境で活用することができませんでしたが、「Chatter」の登場によって、セールスフォース・ドットコムのサービスを利用する87,200以上の企業は、消費者向けソーシャルネットワーク・サイトと同じ即時性と生産性に加え、エンタープライズ環境に求められる信頼性、セキュリティ、拡張性のすべてを手にし、エンタープライズソーシャルコラボレーションを大きな成功へと導くことが可能になります。

その他の情報

本プレスリリースには、リスク、不確定要因、推測を伴う将来に関する記述が含まれています。このようなリスクや不確定要因が具体化した場合またはいずれかの推測に誤りがあった場合、これらの将来に関する記述で表明した結果または暗に示した結果と実際の結果が異なる場合があります。有償利用者数、業績、利益、その他の財務事項のあらゆる予測、将来の経営のためのマネージメント戦略や計画に関する記述、信念に関する記述、新規、計画済み、アップグレード済みのサービスや技術開発に関する記述、顧客契約や当社サービスの利用に関わるすべての記述など、歴史的事実の記述以外のすべての記述は、将来の予測と見なされます。セールスフォース・ドットコムは、本リリースに記載されている将来に関する記述を更新する義務を負わず、更新することもありません。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。