セールスフォース・ドットコム、ソーシャルマーケティングの包括的ソリューション Marketing Cloudを発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2012年9月19日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2012年9月20日
株式会社セールスフォース・ドットコム

ソーシャルリスニング、コンテンツ、エンゲージメント、アドバタイズ、ワークフロー、オートメーション、評価までのマーケティングプロセスのすべてを一元化

Sales Cloud およびService Cloudと統合した、ソーシャルの時代における唯一のトータルCRMソリューション

Ford社、Hewlett Packard社、Unilever社をはじめとするフォーチュン100企業の55%が、Salesforce Marketing Cloudにより大規模なソーシャルマーケティング・プログラムを管理し、ソーシャル上のコンタクトを永続的な顧客関係へと転換

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、ソーシャルマーケティングの包括的ソリューション、「Salesforce Marketing Cloud」を発表しました。 Marketing Cloud は、ソーシャルリスニングから、コンテンツ、エンゲージメント、アドバタイズ、ワークフローのオートメーションと評価までを一元化した初のソリューションで、 これらのテクノロジーによってCMO(最高マーケティング責任者)からコミュニティマネージャまで、マーケティングプロセス全体を通じ、ソーシャル革命の時代に適応した変革が実現されます。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムのSalesforce Marketing Cloud担当CMO、マイケル・レイザロウ(Michael Lazerow)は次のように述べています。
    「現在、マーケティングはこの数十年で最も大きな転換期にあり、企業は従来型のマーケティング戦略からソーシャルメディアを通じて世界中の顧客およびファンとつながる環境へと移行しつつあります。 Salesforce Marketing Cloud によって、企業はこの機を逃さず、ソーシャルから得た知見を実際のマーケティングプログラムへと反映させ、ソーシャルメディア上の消費者との接点を永続的な顧客関係へと発展させることが可能になります。」
  • Ford Motor Company社のグローバルデジタル&マルチメディアコミュニケーション担当マネージャ、スコット・モンティ(Scott Monty)氏は次のように述べています。
    「フォードのソーシャルメディア戦略は単独で機能するものではなく、ビジネス戦略を支える役割を果たしています。 私たちは、従業員、ディーラー、お客様までを含めたソーシャルネットワークを構築するとともに、ソーシャルメディアがどのようにビジネスを牽引しているのかを正確に把握する必要があります。 また、ソーシャルメディアから得る情報を一元的な視点で分析し、その結果を製品開発や宣伝、製品マーケティングへ活かすことが求められます。 Salesforce Marketing Cloudがあれば、これらのすべてを実現できます。」
  • Unilever社のグローバルメディア・イノベーション担当バイスプレジデント、バブス・ランガイア(Babs Rangaiah)氏は次のように述べています。
    「ソーシャルメディアの台頭によって、現在マーケティングは大規模なグローバルシフトの中にあります。 当社はこのようなソーシャルへの変革に全社的に対応していますが、Salesforce Marketing Cloud によって、ソーシャルプログラムをグローバルにスケールアップし、多数の自社ブランドをまたいで展開することが可能になりました。 これは、非常に価値あることです。」
  • Altimeter Group社の業界アナリスト、ジェレミア・オウヤング(Jeremiah Owyang)氏は次のように述べています。
    「企業は、ソーシャル環境で交わされているすべての会話を把握しようと取り組んでいますが、 広告やコンテンツ、会話などを分析し、企画から配布、評価まで一貫して行えるツールがあれば、ターゲット層に的確にコンテンツを届け、より大きな効果を上げることができるようになります。」

Salesforce Marketing Cloud: ソーシャルマーケティングのための包括的スイート
現在、マーケティング業界は過去60年間で最大の変革期にありますが、この変革の原動力となっているのがソーシャルネットワークです。 今日、世界のトップブランド各社は、このような過去例を見ない規模で成長しているソーシャルネットワークに適応するため、従来のマーケティング戦略を根本的に変革しようとしています。 業界アナリストの予測では、今後5年間で技術分野に対するCMO(最高マーケティング責任者)の支出はCIO(最高情報責任者)を超え、2013年までにソーシャル広告はオンライン広告の中で最大の分野になるとされています。 セールスフォース・ドットコムが製品とサービスを顧客に提供する環境を変革したのと同じように、Marketing Cloudはソーシャル時代のマーケティングに革命を起こします。

Marketing Cloudが登場するまで、企業にはソーシャルメディア上の断片的な会話から得る情報と、個々のソーシャルマーケティング・プログラムしかありませんでした。 しかし、業界のリーダーであるBuddy MediaとRadian6のテクノロジーを統合したMarketing Cloudによって、企業はソーシャルマーケティングのあらゆる活動を管理し、共通の情報資産へ一元的にアクセス可能なスイートを手にできるようになりました。 Marketing Cloudが提供する以下の機能によって、マーケターはソーシャルマーケティングの新しい世界に適応することが可能になります。

  • ソーシャルリスニング - 4億を超えるソーシャルソースをリアルタイムにリスニング
    Facebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、ブログ、オンラインコミュニティをはじめ、インターネットで交わされている会話を包括的にカバーし提供するMarketing Cloud によって、ユーザはそこから得た知見を実際のマーティングプログラムに反映させ、活用することができます。 現在Marketing Cloudは計17の言語でソーシャルリスニングをサポートしており、新しいApple ネイティブiOS アプリケーションによって、モバイルデバイスでもソーシャルリスニング機能が利用可能になりました。
  • ソーシャルコンテンツ - 競争力のあるソーシャルプレゼンスを確立
    ソーシャルコンテンツを作成し、ソーシャルネットワーク、Webサイト、モバイルデバイスなどあらゆる場面で顧客に提供。 企業はあらゆるコンテンツにソーシャル要素を付加することで、インターネットにおけるリーチを最大限に広げるとともに、ライブラリを活用してチーム間で自社ブランドのコンテンツを共有することで、インターネット上でのコンテンツの一貫性を保つことができるようになります。コンテスト、動画プレーヤー、フォトギャラリーなど、50以上のソーシャルアプリケーションを活用し、パワフルなコンテンツによって自社のファンを引き付けることができます。
  • ソーシャルエンゲージメント - 顧客とつながる
    Salesforce CRMとの統合によって、 企業は顧客が選ぶチャネルで顧客に応え、コミュニケーションを図ることができると共に、最適な場所とタイミングで顧客とつながり、支持者のコミュニティを構築し、単純なテキストだけでなく動画や画像、リンクなどを駆使して会話を促進できます。 ユーザは、詳細にアクセス権が設定されたセキュリティ環境で、必要な情報へ的確にアクセスできます。
  • ソーシャルアドバタイジング - コンテンツの効果を高める
    スポンサー記事やモバイルニュースフィード広告を含め、最適化したソーシャル広告キャンペーンを管理、実行。 企業はデータを活用してどの広告と消費者層の組み合わせが最も高いパフォーマンスを発揮しているのかを明確にすることで、ユーザを引き付けるコンテンツを訴求性の高いソーシャル広告へと変え、消費者情報とKPI(重要業績評価指標)に基づいて最適化できます。
  • ソーシャルワークフローとオートメーション - チーム、プロセスを整理・組織化
    高度な分析と測定基準を適用し、適切なソーシャルコンテンツを自動的にルーティングすることで、インターネット上でやり取りされている数千の会話を整理・構造化して、迅速なエンゲージメントとレスポンスを実現。 Marketing Cloudでは、顧客のソーシャルプロファイルにデータが自動的に入力されるので、マーケターは消費者の関心事に基づいて適切なプログラムを作成し、営業部門と連携して、顧客サービスの質を高めることができます。
  • ソーシャル評価 - キャンペーンROIを追跡管理
    企業は1つのダッシュボードでキャンペーンの結果を追跡管理し、リアルタイムなデータに基づいてキャンペーン内容を調整することが可能になります。これによって、キャンペーンの効果を高め、さらに新しいキャンペーンを策定し、エンゲージメントが売上や他の領域にもたらすプラスの効果を明確に示すことができます。 マーケターは、ドラッグ・アンド・ドロップの使いやすいウィジェットライブラリを活用して複数のカスタムダッシュボードを作成することができ、これらのダッシュボードによってマーケティングのすべてのプロセスで実行可能なアクションにつながる適切な知見を提供できます。

Salesforce Marketing Cloudによるカスタマーサクセス
Ford社、Unilever社、Carnival Cruise Lines社、National Football League、HP社などのブランドをはじめとするフォーチュン100企業の半数以上(55%)が、Marketing Cloudによってそれぞれの大規模なソーシャルマーケティング・プログラムを管理し、ソーシャル環境での消費者とのコンタクトを永続的な顧客関係へと発展させています。

価格および提供時期

  • Salesforce Marketing Cloud は、すでに一般提供を開始しています。基本料金は、月額5,000ドルとなります。
  • セールスフォース・ドットコムのサービスのご購入を検討中のお客様は、現在利用可能な機能に基づいてご購入を判断くださいますようお願いいたします。

その他の情報

『Dreamforce』について
世界最大のベンダーテクノロジー・カンファレンスである『Dreamforce 2012』は、90,000人を超える登録済の来場者にソーシャルレボリューション(革命)のパワーを体感する貴重な場を提供します。 750以上のセッションと、350社を超えるクラウド関連企業の展示・デモで構成される『Cloud Expo』は、来場者に対話形式のセッションや、最先端のテクノロジーに触れることができるトレーニング、数千に及ぶライブデモ、またとない他社とのネットワーク構築の機会を提供します。 また、今回の『Dreamforce 2012』ではスペシャルゲストしてVirgin Group創業者のリチャード・ブランソン氏、General Electric社CEO(最高経営責任者)のジェフ・イメルト氏、前米国務長官のコリン・パウエル氏、起業家/著述家/ピークパフォーマンス・ストラテジストのトニー・ロビンス氏、またロックバンドのレッド・ホット・チリ・ペッパーズを迎える予定です。 『Dreamforce 2012』は、企業がこれまでとまったく違う新しい手法で顧客、パートナー、従業員とつながるために必要な、すべての要素を提供します。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。