Salesforceで快適なドライブを支援―軽井沢・白糸ハイランドウェイ

◆セールスフォース・ドットコム 中小企業ニュース Vol.6◆

2014年2月4日
株式会社セールスフォース・ドットコム

白糸ハイランドウェイ(長野県北佐久郡軽井沢町)は、長野県の旧軽井沢から群馬県の万座・嬬恋方面、草津温泉へ繋がる同名の有料道路を運営する民間企業。2012年に、料金所業務を電子化することで効率化しつつも、利用客とのコミュニケーションをなくしたくないという思いからSalesforceを選定、タブレット向けに専用アプリを構築した。2013年12月からはスマートフォン時代に対応したSalesforce1を活用、業務の効率化をさらに強化している。

白糸の滝や竜返しの滝などの観光名所を結び、年間約30万台の通行量を誇る10kmの当有料道路では、以前は台帳に通行車両の情報を記録していたが、Salesforceの利用により、タブレット端末を通じてデータを蓄積。時間別・季節別の利用動向を分析することで、売上予測や混雑状況を鑑みたシフト作成等に活用している。また、国土交通省への通行台数・料金の報告にもこのデータを利用するだけでなく、日々の集計業務の効率化も実現した。

さらに、タブレット・スマートフォンを通じて、清掃や工事の進行といった状況の共有のみならず、紅葉の色づき具合・路面状況なども写真を撮って連絡しあうことで、利用客とのコミュニケーションに活かし、より快適で安全なドライブを楽しんでもらえるようなサービスを提供している。

今後は、集約した各種顧客情報をさらに活用し、軽井沢町との連携、地元の観光協会とともにプロモーション活動を行うなど、軽井沢の地域全体を盛り上げていきたいと考えている。国内最先端の有料道路を目指し、更なるSalesforceの活用を進めていく予定だ。

セールスフォース・ドットコム 中小企業ニュースとは
セールスフォース・ドットコムのクラウドサービスは、企業規模や業種を問わず全国の幅広い企業で採用されています。この「セールスフォース・ドットコム中小企業ニュース」では、製造業や伝統産業、農業、酪農など幅広い分野でSalesforceを活用し、地方から変革を起こす顧客事例の概略を不定期にお届けします。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。