総務省、モバイル、ビッグデータを活用した路面管理高度化の実証にSalesforce1 Platformを採用

2014年12月4日
株式会社セールスフォース・ドットコム

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、総務省が実施する「ビッグデータの活用による路面管理の高度化における実証」で検証される「路面管理ビッグデータシステム」の基盤に、Saleforce1 Platform が選ばれたことを発表しました。総務省では、「世界最先端IT国家創造宣言」に基づき、ICTを活用した社会インフラの適切な維持管理の実現を推進しており、本実証は、そのモデルケースとして実施されます。

本実証では、「データ収集システム」および「状況判断支援システム」を構築・検証し、両システムから構成される「路面管理ビッグデータシステム」の有効検証を行います。同一路面を継続的・反復的に通行する公共交通車両等(路線バス、公共車両、タクシー等)にモバイル機器を搭載し、専用アプリ及びカメラによって簡易かつ安価な方法でデータを取得・収集し、それらのビッグデータから舗装路面の劣化・損傷状況を把握することで、舗装路面状況把握の精度向上、舗装路面の維持管理業務の低コスト化等の可能性について検証を行います。実証実験フィールドとして千葉県千葉市および大阪府豊中市が参画します。本実証は2014年9月から2015年3月までの間、実施されます。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。