IBMとセールスフォース・ドットコム、画期的なグローバル戦略パートナーシップを発表

2017年3月9日
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社セールスフォース・ドットコム

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2017年3月6日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

IBM(NYSE:IBM)と世界No.1のCRMとIntelligent Customer Success Platformを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、AIを活用した共同ソリューションの提供と、企業がよりスマートな意思決定をこれまでより迅速に行うことを支援するためのグローバル戦略パートナーシップを発表しました。このパートナーシップにより、業界をリードするビジネス向けAIプラットフォームであるIBM Watsonと、世界No.1のCRMを強化するAI機能であるSalesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)は、シームレスに連携し、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどを横断する、新しいレベルのインテリジェントな顧客とのエンゲージメントを実現します。また、IBMは、IBM WatsonとSalesforce Einsteinを組み合わせた機能をお客様が迅速に導入できるよう支援するため、IBMのグローバル・ビジネス・サービスのSalesforce向けの新たな手法にも戦略的に投資していきます。

このパートナーシップにより、Watsonからの新しいインサイトをSalesforceのIntelligent Customer Success Platformに直接取り込んだり、Salesforce Einsteinから得られる顧客に関する深いインサイトと、多くの情報源および天候、ヘルスケア、金融サービス、小売などの業界にまたがるWatsonの構造化データおよび非構造化データを組み合わせることができるようになります。WatsonとEinsteinが一体となって、情報を取り込み、推論し、レコメンデーションを導き出すことにより、意思決定を加速し、より大きなカスタマーサクセスへと導きます。

当発表についてのコメント
IBMの会長、社長兼CEOであるジニー・ロメッティは、次のように述べています。「数年以内に、すべての主要な意思決定は、個人かビジネスかに関わらず、AIやコグニティブ・テクノロジーを利用して行われるようになるでしょう。腫瘍学や小売、税金申告準備や自動車にいたるまで、ある面において、今年、Watsonは10億の人々に影響を与えると私たちは予測しています。今回の発表により、Watsonの能力によって、何百万ものSalesforceおよびEinsteinのお客様や開発者が、これまで実現できなかったレベルで顧客を深く理解できるようになります」

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEOであるマーク・ベニオフは次のように述べています。「EinsteinとWatsonが一つになることで、企業をよりスマートにし、当社のお客様に、より大きな成功をもたらしてくれると期待しています。セールスフォース・ドットコムとIBMの本質的価値観は非常に近いものです。両社にとって最高の連携といえるでしょう」

SalesforceとIBMは最初の取組みとして、下記を提供していきます。

  • IBM WatsonとSalesforce Einsteinの連携: IBM Watson APIによりSalesforceと連携することにより、企業内外の非構造化データからの予測的なインサイトと、Salesforce Einsteinがもたらす顧客データからの予測的なインサイトが組み合わせられ、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどを横断した、よりスマートで迅速な意思決定が実現します。例えば、Watsonの地域的なショッピング・パターン、天候データ、小売業界データと、Salesforce Einsteinの顧客固有のショッピング・データおよび嗜好を組み合わせることで、小売業者は、高度にパーソナライズされ、ローカライズされたキャンペーンメールを買い物客に自動送信することができます。
  • IBM Weather Insights for Salesforce:IBMの子会社であるThe Weather Companyは、顧客とのやり取りや業績などに関係する気象情報を提供するためのアプリをSalesforce AppExchangeで提供する新しいLightningコンポーネントとして提供します。例えば、保険会社は、IBM Weatherから得た地域の天気予報データをSalesforceに取り込み、悪天候の影響を受けるリスクにさらされている顧客に、安全情報と契約情報を自動的に送信することができます。
  • IBM Application Integration Suite for Salesforce:お客様は、Salesforce向けに特化した統合製品により、オンプレミスの企業データとクラウド上のデータをまとめたり、Salesforceのインテリジェントなカスタマーサクセスプラットフォームで直接、これらのデータを生成することができるようになります。例えば、資産アドバイザーは、個人の投資案件やリスク・プロファイルなどの顧客のデータと、Application Integration Suiteの金融動向や公的なマクロ経済情報をSalesforce内で統合し、顧客にとって、よりスマートな意思決定を行うことができます。
  • コグニティブ・ソリューションのコンサルティング・サービスおよび専門技術に特化したBluewolf、IBM戦略サービスにSalesforce向けサービスを追加(*注):IBMの子会社であるBluewolfは、IBM WatsonとSalesforce Einsteinを組み合わせた機能をお客様が迅速に導入することを支援する、新たな業務を開始しました。この新しい組織は、Bluewolfの15年にわたるSalesforceをインプリしてきた経験をもとに、数々のSalesforceの顧客に対してWatsonの導入を担当します。また、Bluewolfは、コグニティブ・アプリケーションの導入を加速する、企業のお客様向けの、業界に特化した新しいアクセラレーターも開発します。

今回のパートナーシップの一環として、IBMは、Salesforce Service Cloudを全社に導入展開することで、グローバルな製品サポート・サービスを変革し、すべてのIBMのお客様に対して単一で一元化された対応ができるようになります。
*日本では、日本IBM グローバル・ビジネス・サービス インタラクティブ・エクスペリエンス事業部が当サービスを提供します

IBM Watsonについて:新しいコンピューティングの時代の開拓
Watsonは、人と同じように認知、学習、そして経験からシステムが世界を理解するコグニティブ・コンピューティングという新時代の代表的存在です。Watsonは以前のやり取りから継続的に学習し、時の経過に伴い、その価値と知識は増大していきます。Watsonを利用することで、企業は業界の変革にコグニティブ・コンピューティングのパワーを活用して、プロフェッショナルが仕事をより効率的に遂行し、重要な課題を解決するのを支援できます。

コグニティブ・コンピューティングの成長を加速させるというIBMの戦略の一環として、Watsonは世界に広く門戸を開放しており、開発者、学生、起業家、テック・ファンは、今日提供されているなかで最も高度で多様なコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームを簡単に利用できます。Watsonソリューションは、45カ国を超える国々の20業種で構築、採用、および展開されています。

IBM Watsonの詳細については、https://www.ibm.com/smarterplanet/jp/ja/ibmwatson/をご覧ください。

ALBERT EINSTEINの権利は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。Greenlightが排他的に代理人を務めています。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。