2019年3月19日

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、慶應義塾幼稚舎(所在地:東京都渋谷区、慶應義塾幼稚舎長:武田 敏伸、以下:慶應義塾幼稚舎)がSalesforce Community CloudとSalesforce Platformを採用したことを発表いたしました。慶應義塾幼稚舎では、Salesforceを活用して、教職員と児童、保護者、その他関係者がつながるコミュニティを形成して、情報の一元管理化及びより良い教育プログラムの提供につなげていきます。

慶應義塾幼稚舎は、2024年に創立150周年を迎えます。これに向けて同校では、将来を見据えた上での校内環境整備やカリキュラムの見直し、ICTに対応した教育の拡充などに取り組んでいます。

慶應義塾幼稚舎では、学校におけるICT活用の一環として、慶應義塾幼稚舎のコミュニティサイトを新たにSalesforce Communityで構築し、教職員、保護者はSalesforce Platformを介してログインし、主に次のような用途で利用していきます。

・学籍情報の管理
・献立表や年間行事予定表、学校からの配付物の閲覧
・住所や緊急連絡先などの変更
・行事における保護者の出席者管理
・児童活動*やクラブ活動などの記録管理および活動管理

*学校をより良くするための児童による自治活動を指します。

従来このような児童情報の管理は、全て紙ベースで回収を行い、教職員が入力作業を行い、確認においては、紙を発行して保護者に伝えるというような煩雑なプロセスが多くありました。Salesforceを利用することにより、様々な学校とのやりとりをコミュニティサイトに集約でき、保護者への確認がメール通知によりスムーズに行うことができるようになります。

例えば、住所変更を行った際には、緊急時の登録情報の変更も併せて行うことができます。さらに、3年次より始まる児童活動や、5年次以上より参加するクラブ活動において、入部希望の集計や、現在どのような活動を行っているかという情報を、担当教諭および関係する専科教諭の間で閲覧できるようになります。

慶應義塾幼稚舎では、今回のコミュニティサイト構築を皮切りに今後もICT化を進めて、新たな教育環境の提供につなげて行く予定です。Salesforceは、引き続き同校のICT化推進に貢献してまいります。