PRESS AND NEWS

 

メディアアラート
 

Salesforce、Sales Cloudの生成AI機能を
日本市場で2月14日より一般提供開始

2024年1月17日
株式会社セールスフォース・ジャパン
 


株式会社セールスフォース・ジャパン(以下 Salesforce)は本日、セールス向けの生成AI機能を2024年2月14日より一般提供を開始することを発表しました。SalesforceはSales Cloudに優れた信頼性の生成AIを搭載することで営業効率のさらなる向上を実現する機能を提供します。

セールス向けAI(Einstein)

CRMに搭載された、信頼性の高いセールス向けAI(Einstein)により営業効率を高めます。営業担当者は、予測AIと生成AIの両方を使えるので、営業サイクル全体でCRMに蓄積された情報を有効に活用することが可能になります。Einsteinは、営業プロセスの自動化、顧客との関係強化、商談の成約をサポートするなど、営業担当者を幅広く応援します。

2024年2月14日に日本市場で一般提供を開始するSales Cloudの生成AI機能は以下の通りです。

セールスメール(Sales Emails

ワンクリックで、CRMデータをもとにパーソナライズされたメールが自動的に作成されます。営業担当者の自己紹介や打ち合わせ日程の決定、フォローアップのための連絡などを数秒で完了することができます。Salesforce内外のデータで強化されるパーソナライズされたコミュニケーションを、Microsoft Outlook、Gmail、LinkedInなどのあらゆる環境で自動化できます。

通話サマリー(Call Summaries

文字起こしのほか、営業の通話記録から、すぐに使える要点を簡潔にまとめます。また、重要なポイントや顧客センチメント、次のステップを特定し、営業チームが商談を進めるサポートをします。要点を編集してSlackかメールで共有することで、部門を超えた案件の連携が実現します。

通話探索(Call Exploration

Einstein 会話インサイトを使用することでCRMの中に顧客との音声/ビデオ通話が記録されます。通話探索はこうした膨大な情報をEinsteinと自然言語で対話を通じて検索したり、通話内容を要約することで、営業メンバーがデータを効果的に使えるようになります。

Salesforce Sales Cloudについて

Sales Cloudは、スピーディで効率的な営業活動を助ける営業支援ソフトウェアです。営業部門に求められる機能を一つの統合プラットフォームに集約し、スマートな営業活動を可能にします。

  • 顧客に関するあらゆる情報を一元管理して、関係強化と売上向上を実現する機能

    • 営業活動や見込み顧客管理、取引先との商談の管理など

  • 予実管理を可視化して、売上目標を着実に達成するための機能

    • 売上予測管理、パイプライン管理、レポートおよびダッシュボードなど

  • 業務に合わせてプロセスを合理化し、生産性を向上する機能

    • ワークフローとプロセスの自動化、見積もりと契約の承認など

  • Sales Cloudの関連アプリやアドオン製品・機能の一例

    • Partner Relationship Management:販売代理店や卸売業者などの管理により、チャネル販売やパートナー企業のパフォーマンス向上を支援

    • Revenue Intelligence:営業サイクル全体に渡る分析とインサイトを提供。早期での商談成立を支援

    • Salesforce CPQ:営業担当が迅速かつ簡単に見積や契約を作成、営業サイクルの加速が可能



Salesforceについて
Salesforceは、データ+AI+CRM(顧客関係管理)+信頼の力で、あらゆる規模や業種の企業が顧客とつながることを支援します。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。