Leading Through Change  - いま、私たちができること。- 

世界が大きな課題に直面し、ビジネストランスフォーメーションが不可避となっている中、Salesforceとして何ができるかを考え、大企業の経営幹部から小規模企業のリーダーまで、あらゆるビジネスリーダーに向けた連載記事「Leading Through Change - いま、私たちができること。-」を始めることにしました。この連載の目的はシンプルです。

 

  1. 今、難しい局面に直面しているビジネスリーダーのみなさまに向けて、Salesforceそしてビジネスの先駆者たちが集まるTrailblazerコミュニティから、この状況を乗り越えるために役立つソートリーダーシップ、ヒント、リソースをお届けすること
  2. 同じ立場の人とつながり、情報交換をするための場を提供すること

 

この連載では、どのような役職の方にも広く役立つコンテンツを提供するとともに、CEO、CMO、CIO、CRO、コマース担当VP、サービス部門の責任者、さらには各業種に固有のコンテンツを取り上げます。たとえば、リモートワークを余儀なくされる中で、従業員や顧客とうまくコミュニケーションをとったり、収入上の課題を解決したり、顧客関係を維持したりするためのヒントをご紹介していきます。

 

Salesforceは創業以来21年間、お客様の大小さまざまな成功と課題について、貴重なお話をお伺いしてきました。また、公私にわたりさまざまな変革を経験してきたビジネスイノベーターであるTrailblazerの方々から、21年分のインサイトをご提供いただいています。Salesforce自身の経験、そして関係者の方々から得られた有益なインサイトを、みなさまに共有できればと思います。

 

この記事をお読みいただいているみなさまからのご意見もお待ちしております。困っていることや質問したいこと、またSalesforceがお客様から学んだことをみなさまにお伝えするための良いアイデアがあれば、cmo@salesforce.comまでご連絡ください。お寄せいただいたご意見は、「Leading Through Change- いま、私たちができること。-」 の今後のコンテンツやコミュニティ、ディスカッションに反映させていただきます。

 

いま、誰もが非常に難しい局面に立たされていますが、こうした状況においても、新たな形でお客様とつながり、新たなビジネスの方法を見つけることができるはずです。いま、情報を求めている同僚やお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ぜひこの連載を広めていただけると幸いです。

 

*本記事は、米国で発表した「Helping Business Manage Through Crisis」の翻訳です。著者のStephanie Bucemiは、米国セールスフォース・ドットコムのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)です。本連載については、以下の記事も合わせてご覧ください。