Skip to Content
執筆者名

Atsushi Kurosaka

執筆者の役職 化学工業日報 記者
執筆者の略歴

記者歴40年。スタートがコンピューター専門誌だったため、化学・材料・医薬業界の研究開発や生産現場におけるコンピューター活用を長年の取材テーマにしている。計算化学、情報化学、プロセスシミュレーションなどが専門だが、IT業界のメインストリームの話題にも関心を寄せてきた。

製造業DXシリーズ Vol.1 - 【成功事例】SFA導入・利活用からみる化学業界のDXとは

製造業DXシリーズ Vol.2 – グループワークで探るCRM/SFA導入・利活用のカギ

DXトレンドの中で化学産業でも、CRMの検討・導入を行う企業が増えています。しかし、システムの導入や定着化に課題を抱える企業も少なくありません。今回の記事では前回の記事に引き続き、CRMの導入から効果創出までの課題とその乗り越え方を各社のグループワークから化学工業日報社がご説明します。

製造業DXシリーズ Vol.1 - 【成功事例】SFA導入・利活用からみる化学業界のDXとは

製造業DXシリーズ Vol.1 – 【成功事例】SFA導入・利活用からみる化学業界のDXとは

DXトレンドの中、化学産業でもCRMの検討・導入を行う企業が増えています。しかし、システムの導入や定着化に課題を抱える企業も少なくありません。今回の記事ではCRMの導入から効果創出までの課題とその乗り越え方を積水化学工業の講演から化学工業日報社がご説明します。

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします

無料メルマガ登録