Skip to Content
執筆者名

Shuichi Inada

執筆者の役職  東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 
My Background

1954年、福岡県生まれ。九州大学大学院工学研究科修士課程修了(情報工学専攻)、米国コロラド大学大学院修士課程修了(経済学専攻)。 1979年、郵政省(現:総務省)入省。以来、モバイル、ユビキタス、セキュリティ、情報流通など情報通信分野の政策立案や技術開発、標準化業務などに従事。大臣官房審議官を経て2012年に総務省を退官。 著書に「ビッグデータがビジネスを変える」(アスキー・メディアワークス)など。

ビッグデータ活用の本質とその進め方 ~城崎温泉の事例にみるデータ活用のポイント~

ビッグデータ活用でビジネスと経営のイノベーションを ~鍵となるのはユーザ起点の発想~

ビッグデータ活用がイノベーションを生む鍵の一つと期待されている。 クラウドを利用して大量のデータを収集、 その分析によりビジネスにとって価値ある情報を得る。 このとき重要になるのが人材や組織づくりに関わる マネジメントの役割である。 ビッグデータ活用のためにマネジメントは何をすべきなのか、 考え方、取り組み方、プロセスを5回にわたって解説します。

ビッグデータ活用の本質とその進め方 ~城崎温泉の事例にみるデータ活用のポイント~

ビッグデータ活用の本質とその進め方 ~城崎温泉の事例にみるデータ活用のポイント~

ビッグデータ活用がイノベーションを生む鍵の一つと期待されている。 クラウドを利用して大量のデータを収集、 その分析によりビジネスにとって価値ある情報を得る。 このとき重要になるのが人材や組織づくりに関わる マネジメントの役割である。 ビッグデータ活用のためにマネジメントは何をすべきなのか、 考え方、取り組み方、プロセスを5回にわたって解説します。

ビッグデータ活用の本質とその進め方 ~城崎温泉の事例にみるデータ活用のポイント~

ビッグデータ活用でビジネスはどう変わったか ~コマツにおけるモノのインターネット事例から考える~

ビッグデータ活用がイノベーションを生む鍵の一つと期待されている。 クラウドを利用して大量のデータを収集、 その分析によりビジネスにとって価値ある情報を得る。 このとき重要になるのが人材や組織づくりに関わる マネジメントの役割である。 ビッグデータ活用のためにマネジメントは何をすべきなのか、 考え方、取り組み方、プロセスを5回にわたって解説します。

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします

無料メルマガ登録