Skip to content
 

小川 哲

小川 哲

株式会社セールスフォース・ドットコム
インダストリートランスフォーメーション事業本部 
小売消費財業界 シニアマネージャー リテール・ストラテジスト

おがわ あきら 2006年、東京工業大学大学院総合理工学研究科を卒業、17年HEC Parisにて経営学修士(MBA)を修了。06年㈱野村総合研究所に入社し、小売業・サービス業向けのシステム構築、システムコンサル、業務コンサルに従事する。
17年から㈱ファーストリテイリングにて生産・商品企画における全社DXを推進。19年に㈱セールスフォース・ドットコムに入社し、小売業の専門家として海外事例の調査、対外発表、ソリューション企画などをリード。

昨今小売業では他社との差別化や利益率向上を目指してSPAやPBが盛んです。しかし、各社が取り組みを進める中で単にPBを出しただけでは差別化が難しくなってきています。そこで、「顧客の声を捉えて継続的に商品を改善し続ける」、「MDと他部署が連携して、改善点をパッケージ/店頭ディスプレイ/マーケティングなどで訴求する」などが必要となってきています。このBlogでは実際に上記に取り組んでいるAbercrombie & Fitch、大手アパレル業A社の事例をご紹介しながら、商品開発プロセスのDXをご紹介します。

By

他社と差別化するための商品開発プロセスのDX

デジタルトランスフォーメーション, カスタマーエンゲージメント, Artificial Intelligence

会員数約160万社と世界最大規模の小売業界団体である全米小売協会(National Retail Federation)が主催する「NRF:Retail’s Big Show」。リテール業界におけるビジョンを発信し議論する小売業最大級のイベントで、2020年は約4万人の参加者を記録。21年は新型コロナウイルスの影響により初めてオンラインで開催。約150のセッションが配信された。 本稿ではセッションの中から注目すべき取り組みを2号連続で解説。 「NRF2021」で語られたテーマは大きく分けて8つ。今回はそのうち①〜④ を取り上げる。各テーマで注目すべき企業の取り組みや将来性について紹介する。

By

特別リポート 世界最大級の小売業イベント「NRF2021」の見どころを解説!Vol.1

トレンド, Commerce