Salesforce のおかげで世界中の社員が連携できるようになり、ビジネスがスピーディーになりました。”

Deanna Johnston 氏 CIO
 

ベルキン社は、携帯電話からコーヒーメーカーを操作できる画期的な製品を提供している先進的な企業。当然のことながら、自社の社員にもリアルタイムの連携を強く望んでいます。 同社は、約 25 年連続で、2 桁の成長を遂げています。しかし、こうした急激な拡大によって、社員全員の統括や連携を完全に図ることは困難となりました。 使いやすい家庭用、ビジネス用のネットワーキングソリューション を開発する大手メーカーとして、ベルキン社が出した答えは「ソーシャル化」です。 そして、同社は今、コーヒー一杯を淹れるよりも素早く、世界中の社員を 1 つにつないでいます。

「当社は、社員同士のやり取りを円滑化し、重要なプロジェクトの詳細情報を把握できるようなコミュニケーションツールを求めていました」と CIO の Deanna Johnston 氏は述べています。 「Chatter を導入したことで、メールのやり取りや、細かい連絡業務は不要になりました。 社員も、ファイルを 1 回アップロードするだけで関係者全員にファイルを公開できるようになり、大変喜びました」

ベルキン社は、ソーシャル化によって、特別注文などの重要なプロセスにかかる時間を短縮し、収益拡大に成功しました。 たとえば、カスタムケーブルは競争率が高いため、見積書を速やかに作成する必要がありますが、その際、社内のさまざまな部門から承認を得なければなりません。 「以前は、メールを使って部門間の連絡を取っていたのですが、 トータルで 48 ~ 72 時間もの時間がかかり、なかなか見積書が完成しませんでした」と、シニアビジネスシステムアナリストの Heather Peterson 氏は振り返ります。 「そこで Chatter を採用したところ、24 時間以内にお客様に見積書を送付することができたのです」

以前は、メール、Excel、Word などを使用して承認手続きが行われていましたが、Chatter を活用したカスタムアプリケーションで特別料金の管理するようになってからは、承認手続きがわずか 4 時間で完了するようになりました。 「すべてのデータを Chatter で管理することによって、データを一括管理できるようになりました」と Johnston 氏は付け加えています。

 
ソーシャル化は、社員間の連携を可能にしただけではありません。ベルキン社はソーシャルツールを使用して、小売店の顧客やエンドユーザとの関係を深めています。 サービスチームでは、Facebook や Twitter をサポート手法として活用し始めています。 また、同社は Salesforce を使用してソーシャルプロファイルを管理しており、顧客の注文や、問題事項、顧客とのやり取りを記録しています。 さらに、Belkin では LinkedIn から情報を収集しているため、営業担当者は取引先責任者をよりよく理解できるだけでなく、取引先と個人的なつながりを築くことができます。 Johnston 氏は次のように述べています。「ソーシャル化によって、当社はお客様とより親密な関係を築けるようになりました」
 
Sales Cloud, 製造, 5000名以上, B2B と B2C
Marketing Cloud, 小売・流通, 5000名以上, B2C
App Cloud, 公共機関, 5000名以上, B2C
Salesforce 製品、価格、実装方法、その他何でも、ご不明な点があればお尋ねください。高度な訓練を受けた弊社の担当者がいつでもお待ちしております。
ご不明な点はお問い合わせください。 0120-733-257