本ブログは米国で2019年9月18日に公開した「Introducing Salesforce Sustainability Cloud in Advance of Climate Week 2019」の抄訳です。

 

Salesforceと従業員たちは、UN Climate Summit(国連気候変動サミット)やClimate Week NYC (クライメートウィークニューヨーク) 2019 において、確かな存在感を示したいと考えています。Salesforceは、ビジネスこそ変化を起こすための最大のプラットフォームであるという信念を持っており、創業以来私たちのイノベーションの文化を活かし、社会により良い影響を与えられるよう取り組んできました。

気候変動は、私たちがこれまでに直面した中で最も複雑な課題であり、個人や企業はそれぞれのコア・コンピテンシー(独自のスキルや技術、ノウハウ)を生かして対策を推進する必要があります。 Salesforceでは、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、すべての人々に持続可能な低炭素な未来をつくるためのグローバル戦略と技術革新を進めています。

9月24日からのClimate Weekに先駆け、Salesforceはカーボンニュートラル実現に向けた世界の取り組みを強化するとともに、気候変動対策を支援する企業向けのカーボンアカウンティング(炭素会計)製品「Salesforce Sustainability Cloud」を発表しました。Salesforce Sustainability Cloudによって、企業は環境への影響を360度の視点から把握し、地球により良い変化をもたらすためのインサイトを提供する、信頼できるサステナビリティプラットフォームを手にできます。

Salesforce Sustainability Cloudを活用すれば、企業は信頼性の高い環境データをすばやく追跡、分析、報告して、二酸化炭素排出量の削減を目指すことができます。企業の炭素データは、Salesforce Einstein Analyticsによって簡単に表示でき、気候変動対策プログラムを促進するインサイトを提供する動的レポートやダッシュボードを作成できます。これらのデータは監査目的にも使えるほか、経営陣のエンゲージメントを高めることにも寄与します。

今回の発表は、ヘッドラインスポンサーとして参加する「Climate Week NYCに先駆けて行われたものです。私たちは、政府関係者、企業、NGO、市民ら世界中のステークホルダーと協力して、気候変動に関する革新的な取り組みを紹介し、大胆かつ斬新なコミットメントを推進していきます。どのように民間企業が協力し、私たちのコア製品やイノベーションを活用して気候問題にどう対処していくかについて、Salesforceの担当者が基調講演を行い、パネルディスカッションをリードし、業界リーダーとの会合をもちます。

気候変動は、すべての人に影響を及ぼします。そして私たちはそれぞれ、未来の世代のためにより持続可能な未来を創造する力を持っているのです。クライメートウィークに参加するには、いくつかの方法があります。

 

  • 近くで行われるクライメートマーチを見つけて、9月20日の金曜日に仲間と行進しましょう!路上で若者たちの「気候ストライキ」に加わり、Climate Justice(気候正義)を訴えます。
  • YouTubeやソーシャルメディアでSalesforceをフォローし、以下のような特別プログラムの最前列に座りましょう。
    • 9月23日月曜日:米国セールスフォース・ドットコムのチーフインパクトオフィサーを務めるスザンヌ・ディビアンカ(Suzanne DiBianca)が、Climate Weekのオープニングセレモニーで基調講演を行います。
    • 9月25日水曜日:米国セールスフォース・ドットコムのサステナビリティ担当バイスプレジデント、パトリック・フリン(Patrick Flynn)が、気候変動対策を加速する上でのテクノロジーの役割についてのパネルセッションを主導します。パネルディスカッションには、Step Up Coalitionの代表とSustainability Cloudのパイロット顧客が加わる予定です。
    • 9月25日水曜日:ニューヨーク市の学校で環境STEM教育プログラムを拡大するために、K-12の学校を拠点とする非営利団体であるEcoRiseに25万ドルの助成金を支給すると発表しました。さらに、K-12の教師達はEcoRise、Salesforce、そして米国教育省サステナビリティ部門担当者と専門能力開発の終日トレーニングに参加し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の概要について学ぶとともに、気候変動をテーマにした授業を行えるようトレーニングを受けます。 
    • 9月26日木曜日:SalesforceのCFO(最高財務責任者)であるマーク ホーキンス(Mark Hawkins)が、東海岸で開催される、アカウンティング・フォー・サステナビリティ・プロジェクト(A4S)CFOリーダーシップネットワークの米国支部のローンチイベントでホストを務めます。
    • クライメートウィークの1週間を通して、活動家から企業のリーダーに至るまで、環境の変化をもたらす人との現場インタビューを共有します。
  • 友人やパートナー、同僚にぜひ「Salesforce Sustainability Cloud」について伝えましょう。このソリューションは、お客様が環境への影響を把握し、データを基にしたインサイトを活用して、目に見える形で地球環境に変化をもたらすことができるよう、支援します。

 

気候変動の最悪の結果に打ち勝とうとするなら、あらゆる手を尽くさなくてはなりません。今こそ、個人、企業、政府、非営利団体が協力して変化を促進する必要があるのです。あなたは、Climate Weekにどのように関わりますか?会場でお会いできるのを楽しみにしています。

Salesforceのサステナビリティの詳細はこちらをご覧ください。