AIやIoT、クラウドなどの急速な発展によって、近年重要なキーワードの1つとなっている、DX(デジタル・トランスフォーメーション)。

DXとは、単にデジタル化するだけでなく、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出し、柔軟に改変することです。

経済産業省は2018年9月に発表した「DXレポート」において、もしDXが浸透しなければ、「2025年には最大で年間12兆円(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性がある」と衝撃的な数値を発表。これを「2025年の崖」と呼び、警鐘を鳴らしました。

近年ITシステム化の必要性が大々的に打ち出され、企業の成長や競争力の強化のためのDXの重要性が浸透している中、なぜ、これほど巨大な損失が試算されてしまったのでしょうか。

同レポートによれば、多くの企業が、既存のITシステムは事業部門ごとに構築されているために全社横断的なデータの活用が難しかったり、過剰なカスタマイズのせいで複雑化・ブラックボックス化したりという状況にあります。そしてこのまま2025年を迎えると、レガシー(=時代遅れ)とも呼ばれる旧ITシステムは、市場の変化に対応できないどころか、爆発的に増加するデータを活用することさえ難しくなり、ビジネスモデルも柔軟に変化させられないまま、「デジタル競争の敗者」になってしまうだろうというのです。

また旧システムの維持管理は高額化し、IT予算の9割以上を割くことになるだろうとも予測。その上、サイバーセキュリティや事故、災害によるシステムトラブルやデータ紛失などのリスクも高まるだろうと指摘しています。レガシーなシステムは、一刻も早く刷新する必要があります。

 

DXが生み出す新しいビジネスモデルと顧客管理システム

一方、必要性が理解できていても大がかりなシステムの刷新はそう簡単ではありません。デジタルの刷新は既存の業務自体の見直しであり、業務改革という規模にもなる可能性があり、変化を望まない現場の抵抗が大きいという課題もあるでしょう。しかし、レガシーシステムが引き起こすリスクの排除だけではなく、DXはむしろ業績を上げるための、企業にとってビッグチャンスともなりえるのです。早く取り組めばその分だけ、新たなビジネスチャンスを捉える可能性も高まります。

DXの成功事例としてよく取り上げられるUberがそうです。日本でも数年前から注目されているUberは、配車“アプリ”を提供し、“GPS”を活用しリアルタイムで車両とユーザーの位置を把握し、アプリ内で完結する“スマート決済”を実施。新たな顧客体験を生み出しました。まさにDXの要件を満たしたビジネスモデルであるといえるでしょう。

テクノロジーが進歩し、業種や企業などの垣根を越え、人や機械、データがつながることで、新たな付加価値や製品・サービスが創出されるーー。これこそがDXがもたらす大きなビジネスチャンスなのです。

あらためて強調したいのは、DXは時代に乗り遅れないための受け身のデジタル化ではなく、積極的に企業の変革をもたらし、新たな顧客体験(カスタマーエクスペリエンス )や価値を生み出す可能性があるものなのです。

 

IT人材に求められる能力は進化している

では、Iot、AI、データベースなどのデジタルテクノロジーを駆使したビジネスの変革が起こり、DXが浸透した世界では、どのような人材を育成していく必要があるのでしょうか。

Iot化でつながる対象が増え、近い未来ソフトウェアを取り巻く技術はより複雑化・高度化し、安全性やセキュリティ・プライバシー保護の強化も求められるでしょう。最も重要なのは、それらを扱える技術者に、進化に合わせたスキルを身に付けさせることです。IPA社会基盤センターが公開している「組み込みソフトウェア産業動向調査」では、特に強化すべき技術として「AI技術」「Iotシステム構築技術」「セーフティ&セキュリティ」「システム・エンジニアリング」の4つが挙げられています。さらに現在との比較で、今後重要度がもっとも増すと思われるのは「ビッグデータの収集・分析・解析」の技術だという結果も出ています。

これらの背景を踏まえ、経済産業省はこれまでの伝統的なIT投資から、新たなIT投資に対応するスキルの強化・変革へ向けた“学び直し”が重要だとして、その学び直しの基準となるITSS+という指標も設けられています。積極的な学び直しを通して、“安定性・信頼性を確保しつつ、スピードや柔軟性を追求・実現する IT投資の最適解を担う人材”が多く生まれることが求められているのです。

今後IT人材は、活躍する領域をますます拡大し、既存の常識にとらわれずビジネスモデルやサービス、プロダクトのアイデアを発想でき、そのアイデアをテクノロジーの活用によって形にするという価値創造や、サイバーセキュリティ面での活躍もでき、経済や社会活動の発展に重要な役割を担っていくことが期待されています。

 

Salesforceなら、より効果的なDX推進も可能

システムも人材も、急激な変化への対応を求められる時代になっています。そのためには、ITSS+を指針として、新時代で活躍できるIT人材を育成し、「2025年の壁」を乗り越える体力をつけることが必要でしょう。この数年間で効率よくDXを推進できるかどうかが、事業を継続し利益を拡大していくための重要なカギになります。

そして企業の重要な変革期を支援できるのが、AIなどの最新テクノロジーを組み込んでいるSalesforceです。

SalesforceのAI機能であるEinsteinは、業務の中でもっとも重要なビジネスインサイトを検出し、次にどのような営業的アクションが必要かも予測します。つまり、もっとも重要になるだろうと予測されている「ビッグデータの収集・分析・解析」への大きな貢献も可能なのです。さらにタスクの自動化をおこない業務時間の節約にも貢献します。また、システム導入時の定着化もサポートします。また、無料の学習体験ツールTrailheadを活用すれば、IT人材の育成にも役立てられます。

「2025年の崖」を乗り越えるためのビジネスパートナーとして、Salesforceを検討してみませんか?

 

出典:

『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』  (経済産業省2018年12月)