Skip to Content
SalesforceのAI倫理専門家

責任ある生成AI開発のための5つのガイドライン

生成AIの活用が各方面で進むと同時に、生成AIの開発や利用に伴う責任・生成AIの倫理性について議論されるようになりました。AI搭載型No.1CRMを提供するSalesforceが、生成AI開発に対してどのようなガイドラインを設け、運用しているのかについて、Salesforceの専門家が詳しくご紹介します。

生成AIが導く新世界のビジネス戦略

シリコンバレーを拠点に、日本企業をはじめ多方面でのAIの導入推進を早く展開するパロアルトインサイトCEOの石角友愛氏に、生成AIの普及を契機として変容していくビジネスモデルとケイパビリティ、日本企業が進むべき戦略、AI人材の未来、また米国で今話題となる「AIアライメント」についてなど、幅広いトピックについて、AINOW編集長の小澤健祐氏を聞き手に迎えたスペシャルインタビューをお届けします。

データ用語虎の巻:ビジネスのためのわかりやすいデータ用語集

生成AIが登場し、その進化がめざましいですが生成AIを理解するためには、それを支えるデータへの理解が不可欠なことをご存じでしょうか。そんなデータ用語の意味や仕事場面での影響を学ぶなら、ぜひこの「データ用語集」を活用してください。経営層から新入社員まで、誰もがデータの力を理解し、活用できるデータドリブンな企業文化に進化しましょう。

大規模言語モデルで顧客データをより有効に活用する4つの方法

生成AIのビジネス活用を考えている企業も多いと思います。新たなビジネスチャンスを生み、仕事を効率化する生成AIを支える技術である大規模言語モデル(LLM)ってご存じでしょうか。その基本から今後のビジネスでの活用場面4選まで、分かりやすくご紹介します。

カスタマーサービスを一変させる生成AIの3つの用途

コンタクトセンターやコールセンターなどのカスタマーサービス部門に求められる期待値は、ますます膨らんでいます。一方、現場では膨大な数の問い合わせ対応など多くの業務に忙殺される厳しい状況が続いています。カスタマーサービス部門に、生成AIを活用することでこのような状況はどう変わるのでしょう。3つのユースケースをご紹介します。

無料でAIスキルを高める方法 Trailheadのおすすめ活用法6選

生成AIの進化は企業のビジネスにおける新たなチャンスを生み出しています。しかし、AIスキルの不足はまだまだ課題です。無料の学習プラットフォームTrailheadでAIスキルを強化しませんか?本記事では、トレンドの生成AI学習に最適なTrailhead活用法をご紹介します。

高等教育と企業戦略 生成AIのインパクト

大学教授、そしてデータサイエンティストとして、早くからAIの学術やビジネスでの利活用に取り組んできた第一人者に、生成AIの急速な普及による高等教育に起きる変革と、人間のケイパビリティ拡張について、独自の視点から語っていただきます。

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします

無料メルマガ登録