Skip to content

進化するサイバーウィークで最も売上好調な日は

依然としてブラックフライデー

 

変貌しつつあるサイバーウィークにあっても、依然としてブラックフライデーの勢いは強大です。小売企業が早期セールをちらつかせ、消費者がソーシャルメディアでウィンドウショッピングをし、モバイルによる注文が最大の割合を占めるなど、ホリデーショッピングの始まりが様変わりしつつあります。しかし、変わらないこともあります。感謝祭の翌日はコンバージョン率が急増し、売上が前年比13%増になるなど、今回のホリデーシーズンにおいても最もデジタルショッピングが好調な日となる見込みです。

ブラックフライデーのコンバージョン率(注文を行ったサイト訪問者の割合)は感謝祭当日よりも37%増となって年間最高水準に達し、買い物客がホリデーシーズンの買い物を終える、世界的なショッピングイベントとなりました。

 

ブラックフライデーに関する調査結果1:

意志を持った買い物、優勢なモバイルデバイスでの注文

 

2018年のブラックフライデーは、デジタルの「アポイントメントショッピング」が世界で最も行われた日となりました。感謝祭の週におけるデジタルショッピングは持続的に成長していましたが、消費者はブラックフライデーに意志を持って購入し、年間最高のコンバージョン率(4.9%)を達成しました。

デジタルトラフィック全体のうち、モバイルデバイスが占める割合は前年同日の61%から上昇して67%となり、ブラックフライデーに行われた注文に関しては、モバイルデバイスが49%と最大のシェアを占めていました。このシェアは、感謝祭当日の54%よりもわずかに低くなっていますが、この2日間にわたるモバイルデバイス経由の売上は前年比で増加していました。

ブラックフライデーが主要なデジタルショッピングデーとして台頭したことで、買い物客は物理チャネルとデジタルチャネルの双方を巧みに利用するようになっています。

 

ブラックフライデーに関する調査結果2:

小売企業およびブランド企業はシーズンの早期に割引(およびメッセージ)を提供

 

セールスフォース・ドットコムの調査データによると、小売企業はブラックフライデーよりもかなり前から最大限の割引を開始しており、感謝祭当日とブラックフライデーにおけるデジタルでの割引率は、前年同様の27%となりました。

ブランド企業から送信されるモバイルテキスト通知の件数も増加し、ブラックフライデーは前年比29%増、感謝祭当日は前年比159%増となりました。

サイバーマンデーは、これまで最大限の割引が実施される日であり、今年は平均割引率が31%という最高数字を弾きだしました。これはこれまで発表したショッピングインデックスの調査の中で最高の割引率となりました。

ピーク時以外の平均割引率(20%)と比べると、ホリデーシーズンの買い物客はサイバーウィーク期間中、50%近い割引へと割引率が拡大することでかなりお得な買い物をすることができるのです。

 

ブラックフライデーに関する調査結果3:

買い物客は刺激と発見を求めてソーシャルメディアを活用

 

買い物に関する発見と小売サイトへのトラフィックという面で、ソーシャルメディア(特にFacebookとInstagram)が与えるインパクトが拡大していることが、調査データにより確認されました。FacebookとInstagramの2つのソーシャルメディアで、全ソーシャルトラフィックの94%をも占めていました。

ソーシャルメディアの会話を独占し、シェアや「いいね」の対象となったものは、ゲーム機やコネクテッドデバイス、定評のあるブランドおよび小売企業でした。ブラックフライデーにバズを引き起こしたのは、PlayStation、Starbucks、Amazonでした。また芸術的と言っていいほどの思いがけない展開で、マーケットプレイスのEtsyが「最も話題に上った小売企業」の第4位を獲得しました。

 

最も話題に上った製品5点:

 

1.  PlayStation

2.  iPhone

3.  Echo

4.  Vizio

5.  iPad

 

最も話題に上ったブランド5社:

 

1.  Starbucks

2.  Apple

3.  Samsung

4.  Google

5.  任天堂

 

最も話題に上った小売企業5社:

 

1.  Amazon

2.  Walmart

3.  Best Buy

4.  Etsy

5.  Target

 

ブラックフライデーの概要

 

 

2018年セールスフォース・ドットコム ホリデーインサイト調査手法

 

セールスフォース・ドットコムでは、小売企業やブランドがホリデー期間中の業績をベンチマーク測定できるよう、Commerce Cloudによって行われた30カ国、5億人を超える全世界の買い物客のアクティビティ、Marketing Cloudを通じた数十億の消費者エンゲージメントとソーシャルメディアで公開された数百万の対話、およびService Cloudによって実現した顧客サービスのデータに関して、データにもとづくホリデーインサイトをまとめています。このホリデー速報は、四半期ごとのショッピングインデックスの資料です。

※最新の第三四半期ショッピングインデックスをまとめたブログ記事はこちらをご参照ください。

ニュースルームにて、セールスフォース・ドットコムのCyber Week統計のサマリーをご覧いただけます。

※ 本ブログは、米国で公開した Black Friday Holiday Flash Report: Black Friday Still Reigns in Evolving Cyber Week の抄訳版です。