顧客を中心に、
チームを1つに

世界No.1のCRM、Customer 360の価値。営業、サービス、マーケティング、コマース、IT、アナリティクスの各部門の連携を高め、よりスマートに顧客との関係を築きましょう。グローバルなTrailblazerコミュニティが、あらゆる側面からサポートします。
.
 
 
 

ビジネス成長の鍵は、
顧客中心

顧客の企業に対する期待値はかつてないほどに高まっています。Customer 360では、顧客一人ひとりの情報をすべてのチームが共有することで、この高い期待値に応えられるようになります。拡張性に優れた単一の顧客管理(CRM)プラットフォームを基盤とするCustomer 360には、リード獲得からロイヤリティ向上に至るまで、カスタマージャーニーのあらゆるフェーズに対応したアプリが用意されています。組み合わせるアプリの数が多いほど、より多くのチームとの連携が可能になり、ビジネスにとってのメリットも大きくなります。
 

従業員が能力を発揮しやすい環境

従業員の活躍は、充実した顧客サービスに直結します。Customer 360は、手間のかかる作業を代行し、従業員の負担を軽減します。Einstein AIが反復作業を自動化し、CRMに組み込まれたコラボレーション機能が、チームワークを促進します。なお、コラボレーションはチーム同士が離れた場所にいても可能です。さらに、Trailblazerとスキル再開発​ハブが提供する無料トレーニングを活用すれば、従業員は新たな課題に取り組むことができます。
 

顧客目線で世の中を見る

顧客情報を集約し、1つの画面で共有しましょう。顧客の履歴や興味に関する情報はもちろん、不満についても把握することで、顧客からのニーズに対して最適化された体験の提供が可能になり、ブランド好感度を高めることができます。

 
 
デジタル変革に着手し、顧客中心のビジネスを展開する方法をご紹介します。
 

すべてのデータを会社全体で活用

より多くの情報を得ることで、企業はさらに成長します。Customer 360を導入すれば、全従業員が仕事に必要なデータにアクセスできるようになるため、個々の判断の精度と速度が上がります。

 
MuleSoftで、CRM内外の全データを統合。
Einstein AIで、タスクを自動化し、推奨されるネクストアクションを取得。
Tableauで、リアルタイムのアナリティクスとビジュアル化されたデータを取得。
 

業界や会社の規模に関わらず、可能性は無限大

会社の規模に関わらず、それぞれの会社に合ったソリューションをご用意し、企業の発展と成長に最も必要な機能をサポートします。各業界の企業が、Customer 360を活用することでどのように成長を加速させているか、詳しくご覧ください。

 

アプリ追加でメリット倍増

複数のCustomer 360アプリを使用するお客様が得られるメリット

 

2つ以上のアプリを使用して、ROI達成までの時間が短縮したと回答したお客様の割合

2つ以上のアプリを使用して、効率性と生産性が向上したと回答したお客様の割合

期待どおり、あるいはそれ以上のROIを達成したと回答したお客様の割合

 
 

Customer 360の
全ソリューションを
ご覧ください

その業種、そのチームに合った、適切な組み合わせのソリューションを見つけましょう。Salesforceが、チーム同士の連携、より優れた顧客対応、ビジネスの成長をお手伝いします。

自社のCustomer 360を作りましょう

質問にいくつか答えるだけで、緊急のビジネス課題にお応えするソリューションをご紹介します。

 

Customer 360に関するよくある質問

Customer 360は、幅広いSalesforceテクノロジーを統合した単一のCRMプラットフォームです。どこにいても顧客と深くつながることができるソリューションです。

Customer 360は、誰もがわかりやすい形にデータを集約した単一のCRMプラットフォームです。マーケティング、営業、コマース、サービス、ITの各部門の連携を促進します。顧客情報を1つの画面で把握できるため、各チームが一人ひとりの顧客にとって一貫性のある体験を作り上げ、顧客関係をより強固なものにしていくことができます。

Salesforce Customer 360は、Salesforceが保持している幅広いテクノロジーの数々を単一のCRMプラットフォームに統合したものです。あらゆるチームにとって、顧客関係を管理し、育んでいくためのソリューションです。

SalesforceにはCustomer 360 Truth(英語)という製品もあります。こちらは、Salesforce Platform上に構築された3つの製品で構成されており、顧客IDの統合、セキュアなデータハブの構築、高度にパーソナライズされた顧客体験の提供ができるように支援するソリューションです。3つの製品の1つ、Customer 360 Data Managerは、複数の部門や組織にまたがるすべてのSalesforceアプリを接続し、あらゆる顧客に対して単一のグローバルIDおよびプロファイルを作成することができます。Data Managerで情報を一元化し、その情報をすべての従業員が利用することで、より一貫性のある顧客体験を作り上げることができます。

Customer 360は、あらゆるビジネスのニーズに対する最適化が可能で、現状を正確に反映させることができます。単一の部門や、単一のビジネス目標達成のためだけに市場トップクラスのSalesforceソリューションを単体で必要とする組織もあれば、複数の部門を単一の共有プラットフォームで連携させ、顧客関係を包括的に管理することでビジネスを強化したい組織もあります。現在のニーズに応えるサービスやパッケージに加え、将来の成長に備えられる豊富なオプションをご用意しています。それが、Customer 360のメリットです。まずは下部のチャットでご相談ください。お客様にとって最善の選択をご提案し、サポートさせていただきます。

光栄なことに、Salesforceを導入したお客様は確実に成果を出されており、それを裏付けるデータもあります。Salesforceのお客様を対象に2020年8月に実施したアンケート調査によると、回答者の95%がSalesforceでROI目標を満たすか、それ以上の成果を達成したと答えており、40%が期待以上のROI値を得たと回答しています。また、別の製品をツールキットに統合してCustomer 360の利用範囲を広げたお客様に関しては、52%がSalesforceによって期待を超えるROI値を達成できたと回答しており、さらに高い成果をあげていることが分かります。

Salesforceでは、お客様に合わせてさまざまな価格オプションをご用意しています。クラウドプラットフォームの導入には、主に2つのオプションがあります。

エディション:エディションを選択すると、いくつか人気の高い機能を1つにまとめたバンドルパッケージを利用できます。
アドオン:アドオンを追加してくことで、組織のニーズに合わせてCRMソリューションをカスタマイズできます。各エディションの様々な機能レベルと同様に、ほとんどの製品においてさまざまな機能階層のアドオンをご用意しています。

製品とその価格については、Salesforce製品価格ページをご覧ください。

非営利団体、教育機関、慈善団体向けには、CRMプラットフォームその他のソリューションの特別版をご用意しています。割引版または無料版のソリューションを申請する方法については、salesforce.org Webサイトの説明をご覧ください。

これまでどおり、Salesforceの担当者にもお気軽にお問い合わせください。予算とビジネスニーズに応じて、最適なソリューションをご紹介させていただきます。現在のニーズに対応するサービスやパッケージに加え、将来の成長に備えた豊富なオプションもご用意しています。

Salesforce Customer 360は、他のアプリケーションと連携し、シームレスなバックエンド体験を提供します。それにより、スムーズな組織運営が可能となります。他のプログラムとの統合方法の一例として、AppExchangeマーケットプレイスがあります。それぞれのアプリはすばやくインストールできるため、Salesforce製品の中ですぐに使い始めることができます。

もう1つの統合方法は、世界No.1の統合・APIプラットフォーム、MuleSoftを用いた統合です。MuleSoft Anypoint Platform™を導入すれば、あらゆるシステム、アプリケーション、データ、デバイスを接続し、Customer 360の力を極限まで引き出すことができます。

最後に、複数のアドオン製品をまとめたCustomer 360 Truth(英語)は、製品間で顧客IDの統合、セキュアなデータハブの構築、高度にパーソナライズされた顧客体験の提供ができるように支援するソリューションです。

まだご覧になっていない方は、Customer 360のデモ動画をぜひご覧ください。Salesforce Webサイトの製品ページでは、Customer 360を構成する優れたソリューションの数々をご確認いただけます。

さらに、Salesforceリソースセンターもご覧ください。最新トピックに関するソートリーダーシップ、研究成果、ハウツーコンテンツとともに、役職や業界に合わせたリソースをご用意しています。

 
 

Customer 360についてのお問い合わせ

Salesforceの製品、価格、導入など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。専門担当者がお答えします。